スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」をみた。
「オレはこういう世界で
自分がどれほどの男なのか試してみたいんだよ」

by村田 将五(WORST9巻)
毎度!!
最近、寒いですな。冬は嫌いです・・・なんか寂しくなるからね。
つー感じで土曜日に見てきました。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
hpgf01.jpg

(story)
 新学期が始まるまでの間をハリーはウィズリー家で過ごしていた。そして魔法界を熱狂の渦に巻き込む”クィディッチ・ワールドカップ”を観戦するために”移動キー”を使って、スタジアムへ!みんながお祭り騒ぎを楽しむなか、突如夜空に”闇の印”が出現。魔法界を震撼させる不吉な影が忍び寄る…。
 そんななか迎えた新学期初日、ダンブルドア校長の重大発表に、ホグワーツ全体が大きく揺れた!100年ぶりの復活宣言!もはや伝説となった「三大魔法学校対校試合」が、今年、ここホグワーツで復活を遂げるというのだ!世界の三大魔法学校の生徒が一堂に集まり、1年をかけて魔法の力を競い合う交流戦。今まで中断されていた理由は“夥しい数の死者”という、まさに命がけの競技会!参加資格は17歳以上。立候補した生徒のなかから“炎のゴブレット”が各校の代表選手を選び出す。ところが、3校の代表選手選出後に、4人目の名前が告げられたのだ―ハリー・ポッター! 資格もなく、立候補もしていないハリーがなぜ?辞退したいハリーの気持ちは無視され、出場が決定してしまう。
代表選手に課せられる課題は三つ。試されるのは、はじめに勇気、次に知恵、そして最後に、危険を乗り越える力。死力を尽くして戦うハリー。しかし、本当の戦いはゴールの向こうに待っていた!
 そして、14歳のハリーに初めての恋の予感が訪れる。ハリーに気になる女の子が現われた!もしかしたら、それは恋?
4年生になったハリーたちが初めて経験するクリスマス・ダンスパーティでは、誰もがおしゃれにドレスアップ。大人びた正装を見せるハリー。見違えるような変身を遂げるハーマイオニー。それぞれ、誰をパートナーに選ぶのか?そして、ハリーの恋の行方は?
(CAST)
・ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ
・ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
・ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
・アラスター・ムーディ:ブレンダン・グリーソン
・セドリック・ディゴリー:ロバート・パティンソン
・チョウ・チャン:ケイティ・ルング
・ビクトール・クラム:スタニスラフ・イアネフスキー
・フラー・デラクール:クレマンス・ポエジー
・バーテミウス・クラウチ・シニア:ロジャー・ロイドパーク
・バーテミウス・クラウチ・ジュニア:デビッド・テナント
・イゴール・カルカロフ:ペジャ・ビジェラック
・オリンペ・マクシーム:フランシス・ド・ラ・トゥール
・リータ・スキーター:ミランダ・リチャードソン
・デイモス・ディゴリー:ジェフ・ラウル
・ガブリエル・デラクール:アンジェリカ・マンディ
(STAFF)
監督:マイク・ニューウェル
製作:デヴィッド・ハイマン
製作総指揮:クリス・コロンバス、マーク・ラドクリフ
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴ・クローヴス
コンセプトアーティスト:ウェイン・D・バーロウ
特殊メイク&クリーチャーエフェクツ:ワルド・メイソン
アニマトロニクスクリーチャーデザイナー:クリス・フィッツジェラルド
クリーチャーエフェクツデザイナー:ニック・ダドマン

てな感じですね、公開日ということで混んでます。でもネットで予約していたので並ばずにすみましたけど。
なんか頭が疲れてるから吹き替えにしようか悩んだけど公開日て事でウルサイガキが多いに違いないと思い字幕版にしたけど・・・
やっぱり、こっちもウルサイっす。
つかーそんな事より凄い事が・・・
隣に座った見知らぬ女子が映画が始った瞬間にブーツ脱いだんですよ・・・
く、く、くさい
ちーとした異臭騒ぎが発生です。
廻りから
「納豆臭くな~い」とか「ドリアンの臭いがする」とか声が聞こえる訳ですよ。
もー自衛隊科学防護隊が出動かと思いましたね・・・
まー俺はそのなか3時間近く耐え抜きましたよ。
時々、挫けそうになりながらも心のなかで
「ハリー魔法でこの臭いを消してください」
なんて思いながらね。

あー肝心な映画の方なんですけど面白いですよ。
でもね・・・公開前に恋がどーとか騒いでたけど、その辺に関しては大した事無かったなーなんて思う訳です。
後ねハーマイオニー(エマ・ワトソン)が女の子てーいうよりになってるんだよね。
なんか最後まで同じCASTでいけるのか心配になったり、しなかったり(俺が言っても仕方無いけど)
まーそんな感じで臭く無ければ、もっと楽しめたのではと思う映画でした。
では、また。
スポンサーサイト

テーマ:ハリー・ポッターシリーズ - ジャンル:映画

【2005/11/28 11:03】 | 映画(映画館) | トラックバック(38) | コメント(29) | page top↑
oasisをみてきた。 (BlogPet)
きのうこたろうが、代々木まで感じを参戦するつもりだった。

「するとさ…つまり、おれたちには、あしたってやつが、、永遠に来ねえって事なんだ」b y矢吹丈どうも。
カエラちゃんのブログが更新しています。
たぶん少し前に・・こたろうはこのコート着てる写真が好きだ~っ!!でも、いつ見ても可愛いっす。
では、また。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こたろう」が書きました。
【2005/11/27 15:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「同じ月を見ている」をみた。
「恨みっこなしだぞ おっさん!」by月島 花(WORST12巻参照)
どうも。
久々に映画館に行ってきたよ。
ここのとこ週末が忙しくてね。
今週から週末は、また映画三昧になる予感・・・
んでもって
「同じ月を見ている」をみてきた。
moon.jpg

(story) 
 10歳の時に出会った恋人・エミの心臓病を自らの手で治したい一心で医者の道へ進んだ青年・熊川鉄矢。エミとの結婚を目前にしたある日、鉄矢のもとにある報せが届く。それは、もう一人の幼なじみ・ドンが刑務所を脱走したというもの。7年前にエミの父の命を奪った山火事事件の犯人として服役していたドン。彼には人の心を絵に描き、その人を癒してしまう不思議な力を持っていた。そんなドンの能力を前に、幼い鉄矢はエミを奪われてしまうのではないかとの不安を募らせていったのだった。ドンの脱走の報せに、鉄矢の心は激しく動揺する…。
(CAST)
窪塚洋介:熊川鉄矢
エディソン・チャン:水代元(ドン)
黒木メイサ:杉山エミ
山本太郎:金子優作
松尾スズキ:中田
岸田今日子:東谷
菅田俊
竹井みどり
春田純一
伊藤洋三郎
モロ師岡
水川あさみ
西田健
三谷昇
(STAFF)
監督:深作健太
プロデューサー:近藤正岳/天野和人/國松達也
原作:土田世紀『同じ月を見ている』(小学館 ヤングサンデーコミックス)
脚本:森淳一
撮影:北信康
美術:新田隆之
編集:川島章三 /洲崎千恵子
音楽:藤原いくろう
主題歌:久保田利伸『君のそばに』

こんな感じです。
う~んっ。て感じがします・・・いまいちです。
今年のマンガ原作映画はいまいち傾向にあるのかな。
原作がいいと監督がプレッシャーになるんですかね?

俺的意見ですがCASTに疑問を感じますね。
ドンちゃんがいい男すぎるような感じする・・・子供の時のシーンがあるけど、あの子供があんな顔にならないと思う。
俺的には荒川良々とかでどうでしょう?
エミも黒木メイサでは疑問です。ただ誰かは浮かびません。
てー事は黒木メイサでいいのか??
これも子供時代のシーンが・・・
つーか、もう少し似てる子役を探せ
と叫びたくなる。
3人とも子供時代と顔が違い過ぎます。
まー窪塚は良かったのではないかと思われます。
合格点です。(あくまでも素人意見です)
「こいつ、10階からダイブしたのか」
て隣で知らない人が言ってるのを聞いて笑けてきましたけど。

あーあとですね監督にかんして
深作健太なんですけどね・・・お父さんを抜くのはキツイと思われます。
がんばれ~健太

それにしても親子揃って山本太郎が好きなんですかねー。
今回も太郎がいい演技してます。

まーそんな訳でレンタルでいいかと思われる作品です。
では、また。

テーマ:同じ月を見ている - ジャンル:映画

【2005/11/24 15:44】 | 映画(映画館) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
oasisをみてきた。
「でも、やらない方が100万倍よかったよね。」
byHAL(OMEGA TRIBE KINGDOM)

どうも、お久しぶりです。
土曜日から修善寺に行っておりました。
いやー久々に大富豪やりました。しかも9人、二組トランプで・・・楽しかったです。
んでもって日曜日はoasis参戦ということで観光もせず一人寂しく早退です。
電車でも横浜まで2時間半もかかるよ、超とーいっつうの・・・
まーそんな感じで家に一旦帰り着替えをすませ原宿に向かった訳です。


oasis Japan Tour 国立代々木競技場第一体育館
まーとりあえずセットリストです。(あってるか分らんけど)
M01:Fuckin' In the Bushes (intro)
M02:Turn Up The Sun
M03:Lyla
M04:Bring It On Down
M05:Morning Glory
M06:Cigarettes & Alcohol
M07:The Importance Of Being Idle
M08:The Masterplan
M09:Songbird
M10:A Bell Will Ring
M11:Acquiesce
M12:Live Forever
M13:Mucky Fingers
M14:Wonderwall
M15:Champagne Supernova
M16:Rock N' Roll Star
(Encore)
E01:Guess God Thinks I'm Abel
E02:The Meaning Of Soul
E03:Don't Look Back In Anger
E04:My Generation


のっけから凄い訳です、総立ちです。ただ旅行の疲れと風邪でかなりヤバかったですけど。
相変わらずリアムは斜めってますし、ノエルは喋りません。
うーん、oasisだ!なんて改めて思いつつ2時間が短く感じ訳です。ただ、かなりヤバイ状態でのライブ参戦だったので今日も体がボロボロです(T^T)ウック!
帰りにポロシャツと缶バッヂを買って帰還したしだいです。

まだ11月ですが今年もいろいろライブを観にいった訳ですが昨日のoasisが今年の打ち止めになると思う・・・

んな感じで、また。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2005/11/21 14:54】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヴィンちゃんストラップ。 (BlogPet)
きのう、かんかんで発売するはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こたろう」が書きました。
【2005/11/20 15:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いや~まいった。
「極める角度が違う」byA・猪木

どうも。2日ほど更新をさぼっていました。
というか>風邪ひいて悲惨です。
ね、熱が下がらんのですわ
持病と風邪があいまみあってそりゃーもう、大変です。
今日もヤバイっす。
明日から1泊で温泉旅行そして日曜日にはoasisのライブだと言うのに・・・
まー今日で直します。
気合で
そんな感じでネタがありません。
まーしいて言えば昨日、仕事を休んで寝ておりました。
いくら熱があるとはいえ1日寝てるのは退屈なんです。
つーことで撮りだめしておいた「危険なアネキ」を観たよ。
これ、おもろいですね。
ふと、気づく・・・最近、メガネ好きな女子が増えてると聞いていたが(←誰に?)
森山未來の影響なんですか?
自分もメガネなんですけど、何か?

なんか頭が回っていません。もうダルイのでこの辺で・・・
初めてかも、日記的に書いたの・・・
あと、ブログを読んでくれている数少ない皆様、また二日ほど更新が止まりますんで。
【2005/11/18 09:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ヴィンちゃんストラップ。
「ゴリの穴は オレが埋める」by桜木花道
どうも。
待ちに待ったヴィンちゃんストラップが11月19日(土)に発売されるそうです。
vinst-bk.jpg

俺は待ってました・・・
今、ジゴロウストラップを使ってる訳なんですが色が剥げ足が取れそうで・・・
悲惨な状態です。
これは買うしかないですね。
でも、初回分は売り切れ必死と思われる訳で・・・
では、また。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2005/11/15 15:24】 | sakusaku | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みたいえいが。
「目に見えないモンは信じない主義なんでね」by黒崎一護
どーも。
12日に飲みにいって久々にオールでした。
んでもって
昨日は死んでました・・・
30過ぎるとオールはキツイです・・・
そんな訳で昨日は映画みてないんでネタがありません。
てー事で観たい映画でも書きます。5本ほど
1本目~っ。
「同じ月を見ている」
moon.jpg

(story)
幼なじみのエミの心臓病を治したい一心で、医者の道を歩む鉄矢。恋人同士の二人のもとに、ある知らせが届く。もう一人の幼なじみのドンが、刑務所を脱走したというのだ。人の心を絵に描き出し、その人を癒してしまう不思議な力を持つドン。誰よりも純粋な心を持つドンに、大切なエミを取られてしまうのではないか・・・。そんな不安と暗い思い出を抱える鉄矢、そして二人の間で心が揺らぐエミの前に、ドンが7年ぶりに現れる・・・
(CAST)
窪塚洋介
黒木メイサ
エディソン・チャン
(STAFF)
監督:深作健太
原作:土田世紀
脚本:森淳一
11/19(土)より公開
これ、原作が好きだったから観てみたいし窪塚洋介の復帰作ということで(窪塚洋介fanでは無いけど)

2本目~っ。
「探偵事務所5 ~5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語~」
20051114111128.jpg

(story)
創立60周年を迎える“探偵事務所5”。探偵たちは5を先頭にする三桁の番号を持ち、互いをその番号で認識しあっている。新米探偵591は、会長の孫娘の依頼を受け「楽園へ行く」と言い失踪した親友を捜し始めるが……。(第1話)「カイン美容外科」の調査をしている探偵522は、新米探偵の登場でやりにくさを感じていた。そんな中、カイン美容外科が大物犯罪者の大規模な整形手術を行うという情報をつかむ。(第2話)
 ストーリーは、探偵591を主人公にした第1話と、探偵522がメーンとなる第2話とに分れているが、彼らが「カイン美容外科」の調査を通してシンクロするらしいです。
(CAST)
成宮寛貴
宮迫博之
佐野史郎
田中美里
(STAFF)
監督:林海象
11/19(土)より公開
これは林海象作品が好きだから観たいですな。濱マイク好きだったしな。
ただ、CASTは俺の好みではないな・・・


3本目~っ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
gof_poster.jpg

(story)
ホグワーツの4年生になったハリー。魔法界がクィディッチのワールドカップで沸き立つ中、そこで恐ろしい事件が発生。さらにホグワーツでは、100年ぶりの3大魔法学校対抗試合が開かれ、ハリーも選手に選ばれるのだが……。
(CAST)
ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
トム・フェルトン
スターニスラフ・イワネフスキー
(STAFF)
監督:マイク・ニューウェル
製作総指揮:クリス・コロンバス/デヴィッド・バロン/マーク・ラドクリフ /ターニャ・セガッチアン
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴ・クローヴス
音楽:パトリック・ドイル
11/26(土)より公開
まー言わずと知れた人気作品。ずーっと観てるって事で一応、抑えておこうかななんて思う訳です。それにしても人気作なのに毎回、監督が変るのは何故?新鮮味を出す為?
まーいいんですけど面白ければ・・・


4本目~っ。
「ザスーラ」
ZATHURA.jpg

(story)
このゲームは、決して始めてはならなかった。
土曜日の昼下がり。パパ(ティム・ロビンス)が仕事で一緒に遊んでくれないと知ったダニー(ジョナ・ボボ)は、兄のウォルター(ジョシュ・ハッチャーソン)に遊び相手になってもらおうとしていた。しかし、一緒に遊びたくないウォルターは、ダニーを無視してばかり。そんな兄にしつこくせがむダニーは、誤って彼の顔にボールをぶつけてしまう。怒ったウォルターは、逃げ回るダニーを地下室に閉じ込めてしまった。そして、恐いながらも、地下室から抜け出すために階段を昇ろうとしたダニーの目の前には、見たこともない古い箱が…。それは、「ザスーラ」と書かれた、ボード・ゲームだった。
遊び道具を見つけ、興奮するダニー。リビングに戻った彼は、ゲームに全く興味を示さないウォルターを尻目に、ゲームを始めることに。一方パパは、リサ(クリステン・スチュワート)に彼らふたりを託し、仕事に出かけてしまっていた。弟たちの面倒など全く見る気のない姉と、幼い兄弟ふたりを家に残して…。
リビングでは、ダニーがゲームのルールも読まずに、ネジを巻き、“GO”のボタンを押してしまう。勝手に動き出す、宇宙船のコマ。そして、「チンッ」という音と共に飛び出してきた、1枚のカード。そのカードの裏に、これから始まる予測不能の危機が、書かれているとも知らず─。
(CAST)
ジョシュ・ハッチャーソン(ウォルター)
ジョナ・ボボ(ダニー)
ダックス・シェパード(宇宙飛行士)
クリステン・スチュワート(リサ)
ティム・ロビンス(パパ)
(STAFF)
監督:ジョン・ファブロー
脚本:デビッド・コープ/ジョン・カンプス
原作:クリス・バン・オールスバーグ
12/10(土)より公開
ジュマンジの後継作みたいです。今回は宇宙だそうです。
何回か映画館で予告を見ているのですが面白そう・・・でも予告が面白いと外す傾向にある、今年は


5本目~っ。
「SAYURI」
SAYURI.jpg

(story)
貧しい漁村に生まれた少女・千代は、9歳の時に“花街”の置屋に売られる。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子と評判の芸者、初桃がいた。親から引き離された寂しさ、下働きの辛さ、初桃の冷たい仕打ち…それは、幼い少女には過酷すぎる日々だった。全ての希望を見失った時、千代に運命の出会いが訪れる。
(CAST)
さゆり:チャン・ツィイー
会長:渡辺謙
豆葉:ミシェル・ヨー
延:役所広司
おカボ:工藤夕貴
初桃:コン・リー
おかあさん:桃井かおり
さゆり(少女時代):大後寿々花
(STAFF)
監督:ロブ・マーシャル
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
原作:アーサー・ゴールデン
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
12/10(土)より公開
アジアスター総出演のハリウッド大作・・・CASTも俺好みで是非みたいけど・・・
一つ心配な点といえばスピルバーグが関わってる事。今年、宇宙戦争でこけてますから。
こーいうのって続くからな~っ。
でも、観にいくんだろうな、俺。


まーこんな感じです。多分、全部観ると思います。
んな訳で、また。

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

【2005/11/14 11:22】 | 映画(独り言) | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
Kaela★Blog
「するとさ…つまり、おれたちには、
あしたってやつが、、、永遠に来ねえって事なんだ」
by矢吹丈

どうも。
カエラちゃんのブログが更新しています。たぶん少し前に・・・
kaela10.jpg

俺はこのコート着てる写真が好きだ~っ!!
でも、いつ見ても可愛いっす。
では、また。
【2005/11/13 22:44】 | カエラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピアノの森をよんでみた。 (BlogPet)
今日広いマンガと高田純二を絶賛しなかったの?
マンガと高田純二がテレビで大絶賛、しかも泣いたよ
明日、無責任男といわれる高田純二がテレビで大絶賛、しかも泣いた
時間ネットでないんで皆さんや、ネットでブライトや高田純二などを絶賛したいはずだったの?
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こたろう」が書きました。
【2005/11/13 17:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
『ALWAYS 三丁目の夕日』 をみた。
「ほんの瞬間にせよ眩しいほど真っ赤に燃え上がるんだ」by矢吹丈
毎度!!
映画みました。

ALWAYS 三丁目の夕日
always3.jpg

 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、東京下町の夕日町三丁目では、個性豊かな住民たちが暮らしていました。八百屋に雑貨屋、理髪店などが立ち並ぶ商店街はいつもにぎやか。そんなある日、短気だけれど家族思いの父親・則文(堤真一)とやさしい母親・トモエ(薬師丸ひろ子)、やんちゃな小学生の息子・一平(小清水一揮)が暮らす自動車修理工場・鈴木オートに、六子(堀北真希)が集団就職で上京してきました。ところが、立派な会社を期待していたらしい六子は、どこかがっかりした様子……。
 一方、鈴木オートの向かいにあり、何かと則文と反発しあう駄菓子屋の店主、茶川竜之介(吉岡秀隆)。芥川賞の最終選考に残ったこともあるけれど、今は三流少年誌に子供向け冒険小説を執筆しつつ、細々と生活しているしがない小説家です。そんな彼が恋心を抱く一杯飲み屋のおかみ・ヒロミ(小雪)のところに、引き取り手のない少年・淳之介(須賀健太)が連れられてきました。ヒロミの店で酔っ払った茶川は、ひょんなことから淳之介の世話をすることに……。
(CAST)
吉岡秀隆(茶川竜之介)
堤 真一(鈴木則文)
小雪(石崎ヒロミ)
堀北真希(星野六子)
三浦友和(特別出演:宅間史郎)
もたいまさこ(大田キン)
薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)
(STAFF)
原 作:西岸良平「三丁目の夕日」(小学館 ビッグコミックオリジナル連載中)
エグゼクティブ・プロデューサー :阿部秀司、奥田誠治
プロデューサー :安藤親広、守屋圭一郎、高橋 望
アソシエイトプロデューサー:小出真佐樹
ラインプロデューサー:竹内勝一
協力プロデューサー:堀部 徹、山際新平
脚 本:山崎 貴、古沢良太
撮 影:柴崎幸三
照 明:水野研一
録 音:鶴巻 仁
美 術:上條安里
装 飾:龍田哲児
VFXディレクター:渋谷紀世子
編 集:宮島竜治
音響効果:柴崎憲治
助監督:川村直紀
制作担当:金子堅太郎
監督・VFX: 山崎 貴
企画・制作プロダクション:ROBOT
製 作:日本テレビ・ROBOT・小学館・バップ・東宝
電通・読売テレビ・読売新聞・白組・IMAGICA
配 給:東宝

こんな感じです。
昭和30年代の話ほのぼのしてます。
俺的には逆に古さというか新しさを感じさせられる訳です。
久々に人が死なない映画をみた感じが・・・たまにはいいっすね、こういう映画も
観たのが平日の昼間てことで年寄が多かったです。昔を思い出すのか泣いてる人も多かったな。
あと、堀北真希ちゃんが可愛いですね。
かなりのオススメな映画です。
最近、ハリウッド大作が駄作続き、邦画が頑張っています。
皆さんもレンタルで観るのではなく邦画を観に映画館に足を運んで見るのはどうでしょうか?

テーマ:3丁目の夕日 - ジャンル:映画

【2005/11/11 08:42】 | 映画(映画館) | トラックバック(5) | コメント(0) | page top↑
ピアノの森をよんでみた。
「何やってんの」byブライト・ノア

どうも。
今日はネタがないんでね。タイトルにマンガも謳ってるんで最近読んだマンガを紹介。
あの無責任男といわれる高田純二がテレビで大絶賛、しかも泣いたとまで言っていたのでマンガ喫茶で一気に10巻まで読みましたよ。

ほんと、面白いです。時間を忘れるくらい・・・だからSTORYとかは書かないことにします。
皆さんも読んでみてはいかがでしょうか?
んな訳でこのへんで・・・明日は飲み会の為、更新はお休みします。
では、また。

テーマ:オススメ! - ジャンル:アニメ・コミック

【2005/11/08 16:09】 | マンガ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
24 -TWENTY FOUR- シーズンIVをふりかえる(長いよ)
「しかし感傷に浸っている暇はない。」byクワトロ・バジーナ
どうも。
24終わっちゃいましたね。
そんな感じで振り返ろう過去を・・・
wall_03_s.jpg

続きを読む

テーマ:24 -TWENTY FOUR- - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2005/11/07 15:02】 | 映画(DVD) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブラザーグリムをきのうみてきた。
「戦いとはいつも2手3手先を考えて行うものだ」byシャア・アズナブル
どうも。
昨日、映画みました。
ブラザーグリム
brothersgrimm1_2.jpg

テリー・ギリアム監督が、グリム童話の誕生秘話をファンタジックに彩る!
ウィル(ヴィルヘルム)とジェイコブ(ヤーコプ)・グリム兄弟は、いかさまの魔物退治で賞金稼ぎをする旅を続けていた。しかし、ドイツの村で芝居がばれて、その地を支配するフランス将軍に逮捕されてしまう。将軍はグリム兄弟に命じ、森で10人の少女が姿を消した事件の調査に向かわせた。猟師の娘アンジェリカをガイドに、森の奥深くに立つ塔にたどり着いたグリム兄弟は、その塔に伝わる女王の逸話を知る。その頃、森に不気味な異変が起こり始めていた・・・

(CAST)
マット・デイモン
ヒース・レジャー 
モニカ・ベルッチ 
ジョナサン・プライス
レナ・ヘディ
ピーター・ストーメア
リチャード・ライディングス
マッケンジー・クルック
ロジャー・アシュトン=グリフィス
ローラ・グリーンウッド
(STAFF)
監督:テリー・ギリアム
製作:チャールズ・ローヴェン/ダニエル・ボブカー 
製作総指揮:ジョン・D・スコフィールド/クリス・マクガーク/ボブ・ワインスタイン/
ハーヴェイ・ワインスタイン/ジョナサン・ゴードン
脚本:アーレン・クルーガー
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル/プロダクションデザイン: ガイ・ディアス
衣装デザイン:ガブリエラ・ペスクッチ/カルロ・ポジオリ
編集:レスリー・ウォーカー
音楽:ダリオ・マリアネッリ

てな感じです。

あ~あ~って言ってしまう映画です。
「あのーっ先生感想かけませ~ん」(何時も感想らしい感想は書いていませんが)
「なんで感想書けない?言ってみろ」
「つまらなくて途中で寝てしまいました~っ。」
そうなんです寝てしまったんですね~っ途中30分ぐらい。
つまらないし訳わかりません。
まーこんな感じでした。
そんな訳でまた。

テーマ:ブラザーズ・グリム - ジャンル:映画

【2005/11/06 21:20】 | 映画(映画館) | トラックバック(4) | コメント(0) | page top↑
『新幹線のお弁当』(700円)(BlogPet)
きょうこたろうは海苔をもぞうするはずだったの。
ここでこを期待する?
かんかんのことかもぞうするはずだったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こたろう」がこもぞうのひとりごとを読んで書きました。
【2005/11/06 18:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アラハンをみた。
「これが若さか……」byクワトロ・バジーナ
毎度!映画みました。
アラハン
ARAHAN.jpg

(STORY)
“掌風”を制したとき、“アラハン”への扉が開かれる
若き警察官のサンファンは、熱血漢で仕事熱心ではあるけれど、要領が悪くてドジばかり踏んでいる男。今日もひったくり犯を追いかけて街を走っている。やっとのことで犯人を追い詰めたと思った時、同じく犯人を追いかけて来たイジンが誤ってサンファンを倒してしまう。気絶したサンファンが担ぎ込まれたのは、"七仙"と呼ばれるカンフー・マスターたちの道場。その中でも最高の悟りを開き、〈マルチ〉といわれているジャウンだけは、サンファンの持つ「気」の強さに驚くが、サンファンは手っ取り早く喧嘩が強くなりたいという“純粋な”動機のために修業を始める。マスターたちは「気」の秩序を正す新たな〈マルチ〉を探しているのだが、そんな彼らの知らないところで、世界を暗黒に覆う邪悪な力が数千年の時を越えて目覚めようとしていた…。

(CAST)
リュ・スンボム
ユン・ソイ
アン・ソンギ
チョン・ドゥホン
ユン・ジュサン
キム・ジョン
キム・ヨンイン
ベ・チャンギ

(STAFF)
監督: リュ・スンワン
製作総指揮: カン・ウソク
製作: キム・ミヒ
脚本: リュ・スンワン / ウン・ジヒ / ユ・ソンドン
撮影: イ・ジュンギュ
編集: ナム・ナヨン
アクション監督: チョン・ドゥホン
音楽: ハン・ジェグォン

てな感じです。
なんだかねーっ。カンフーハッスルとマトリックスの
パクリ?
な感じのシーンも多々あったような・・・
あと、前半の主人公が
ひじょーにキモイ!!不愉快・・・
後半はがらりと変りますが
まー有りと言えば有りだし、無しと言えば無しの様な映画でしたね。
俺的には面白いかなと思いましたが映画館で見なくてもよかったのではと思う訳です。
皆さん、レンタルを待ちましょう。
では、では。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

【2005/11/04 09:19】 | 映画(映画館) | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
「修羅場」東京事変をきいてみた。
「あれに乗っている男のプレッシャーか!」byクワトロ・バジーナ
どーも。
めっきり寒くなってきましたね。
CDききました。
「修羅場」東京事変

東京事変の久々のシングルですね。
そーです、新生東京事変です。

まー変らずの林檎節ですな~っ。
アルバム発売、ライブも決定してるようなので楽しみですな。
ライブは是非とも行きたい訳なんです。
プラチナチケットは確実と思われる訳で・・・
でも絶対に争奪戦に勝ち濱口ばりに叫ぶのです。
「とったど~っ!!!」
と。
そんな感じです・・・。
では、では。

テーマ:東京事変 - ジャンル:音楽

【2005/11/02 10:00】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
投稿のテスト(BlogPet)
うまく投稿できるかな?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こたろう」がテスト投稿の為に書きました。
【2005/11/01 21:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ETERNAL SUNSHINEをみた。
「その感じ方、
本物のニュータイプかもしれん…いい子だ。」
byシャア・アズナブル
どうも。
ラジオやテレビでカエラちゃんが大絶賛していたのでレンタルしてみた。
つーか観なければいけないDVDが山のように・・・
てーことで、夜中眠いなか無理して観た。
エターナル・サンシャイン(原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND)

es.jpg


“さよなら”の代わりに記憶を消した――

(story)
バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエルは不思議な手紙を受け取った。そこには、最近ケンカ別れしてしまった恋人クレメンタインについてこう書かれていた。“クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社”。仲直りしようと思っていた矢先にそんな知らせを受け、立ち直れないジョエル。そして彼も、彼女との記憶を消すことを決意し、ラクーナ医院を訪れる。そこでは、一晩寝ている間に脳の中の特定の記憶だけを消去できる施術を行なっていた…。

(cast) 
ジム・キャリー(ジョエル・バリッシュ)
ケイト・ウィンスレット(クレメンタイン・クルシェンスキー )
キルステン・ダンスト(メアリー)
マーク・ラファロ(スタン)
イライジャ・ウッド(パトリック)
トム・ウィルキンソン(Dr.ハワード・ミュージワック)
ジェリー・ロバート・バーン
トーマス・ジェイ・ライアン
ジェーン・アダムス
デヴィッド・クロス

(staff)
監督:ミシェル・ゴンドリー
製作:アンソニー・ブレグマン/スティーヴ・ゴリン
製作総指揮:デヴィッド・ブシェル/チャーリー・カウフマン/ジョルジュ・ベルマン/ グレン・ウィリアムソン
原案:チャーリー・カウフマン/ミシェル・ゴンドリー/ピエール・ビスマス
脚本:チャーリー・カウフマン
撮影:エレン・クラス
美術:ダン・リー
衣装:メリッサ・トス
編集:ヴァルディス・オスカードゥティル
音楽:ジョン・ブライオン
こんな感じです。
途中、何度か落ちかけましたがなんとか完走。ただ抜けてる部分がある訳で・・・もう1度観る必要があるかななんて思うのです。
うん、いい映画だったと思いますよ。カエラちゃんが薦めるだけあって女性が好きそうな感じ!
 記憶を消そうが結局、好きになる人は一緒みたいな感じ?
でも、便利だよな~っ、選んで記憶消せたら。
好評レンタル中
ぜひ、観てみて下さい。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2005/11/01 11:06】 | 映画(DVD) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。