スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
木村カエラな日曜日「Circle」
行ってきましたZepp Tokyo
060423_1618~0001.jpg

木村カエラ・ライブツアー 2006“Circle”
取り合えずセットリスト
01.tea cup
02.Level42
03.Twinkle
04.誰

(MC)挨拶な感じで
05.You
06.I ♥ hug
07.Dancing now
08.Deep Blue Sky
09.はちみつ
10.C-hildren
11.リルラ リルハ

(MC)ここも挨拶な感じで
12.トゥリル トゥリル リカー
13.PIONEER
14.BEAT
15.Circle

-ENCORE-
(MC&バンドメンバー紹介)
E1.ツリークライマー(新曲)東京モード学園CMソング
E2.You know you love me?
E3.happiness!!!

カエラちゃんがsaku sakuを辞職して
毎日、見れなくなり早3週間。
そして久々の生カエラ。
中盤よりちょい前の柵に陣どり待つこと40分。
「Over the rainbow」のSEが流れ照明が落ちバンドメンバー登場
そして…

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

カエラちゃん登場っす!!

衣装はストーンズぽいラグランTシャツにジーンズ。
やっぱり
超きゃわいい
(↑益々、可愛くなってたほんと人形みたい。)
会場が一気にヒートアップと思いきや…
俺の両隣は腕組みしたまま
(↑なんか初参戦ぽい話をしてた。ライブハウスも初ぽかった)
そんな事お構いなく
俺はのっけから
フルスロットル
4曲目までノンストップ。
そいでもってMCです。
挨拶的なMCがありつつ
ここからリルラ リルハまでしっとり系でまとめられた感じです。
リルラ リルハ終わりでMC
「もう、知らないからねっ的なMCで
ここから本編終了までレッドゾーン突入でございます。
Circle終了で「Over the rainbow」で一端退場。
5分ほどでカエラちゃんを先頭にまたまた登場。
メンバー紹介がありつつ
(今回のバンドメンバー)
ギター:渡邊忍(Asparagus)
ギター兼キーボード:堀江博久(Neil & Iraiza)
ベース:YOICHI"4106"MURAKAMI(SCAFULL KING)
ドラム:柏倉隆史

(↑それにしてもスゲー顔ぶれ)
ENCORE1曲目で新曲。
超カッコいい曲
いつ、発売になるのかね~っ。いやー発売が待ち遠しいですなっ。
ここから定番にして王道の
You know you love me?~happiness!!!と続く訳です。
やっぱYou know you love me?は1番盛り上がります。
ここで微妙なダイブもありました。
ZEEP TOKYOは広いからギュウギュウにならないから
ダイブは難しいですな。
あーそして、ペットボトルが飛び交ってました。
けど…
ペットボトルを投げるの良しとしても(まー本当は投げない方がいいけど。そして投げるなら水にして下さい。)
声を大にして言いたい
ステージに向かって投げるのはどーかと思われる訳です。
もし、カエラちゃんにあたって怪我でもしたらどーすんだよ。
機材に水がかかって壊れたらどーすんだよ。
カエラファンとしては悲しいかぎりです。
いくら盛り上がっていたとしても最低限のマナーは守りましょうよ!!

そしてhappiness!!!で大団円でございます。
「4You」より「ROCK ON」
「ROCK ON」よりも「Circle」

ライブ毎に進化してます。

BEST LIVE
でした。
けどね…
今回のMCにはちーと不満が
毎回、ネタになるようなMCがあったのにな~っ。
lg.jpg
↑ツアーグッズ
357093_4204922437.jpg

a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:木村カエラ - ジャンル:音楽

【2006/04/24 20:37】 | カエラ | トラックバック(1) | コメント(7) | page top↑
Vフォー・ヴェンデッタをみた。
「それには救世主が・・・「正義の心」を
持った偉大な男が必要なんだ!!」
by花澤 三郎(ゼットン)

はい、どうも。
観てきましたよ。土曜日に
「Vフォー・ヴェンデッタ」
「V FOR VENDETTA」(原題)
予告編はコチラ
282770_2839932314.jpg

人民が政府を恐れるのではない
政府が人民を恐れるのだ

(story)
独裁国家と化した近未来の英国。労働者階級の若きヒロイン、イヴィー(ナタリー・ポートマン)は絶体絶命の危機に見舞われたところを“V”とだけ名乗る仮面の男(ヒューゴ・ウィービング)に命を救われた。
 いくつもの顔をもつVは、華と教養を兼ね備えた紳士であり、恐怖政治に抑圧された市民を暴君の手から解放することに余念がない。しかし一方では、怨念にかられた血の復讐鬼でもあった。
 不正と暴虐にまみれた政府から英国民を解放するため、Vは国の圧制を糾弾し、同胞の市民に国会議事堂前に集結するよう呼びかける。決行は11月5日――“ガイ・フォークス・デー”だ。
 1605年の同じ日、ガイ・フォークスは火薬を詰めた36個の樽とともに、議事堂の地下道に潜伏しているところを発見された。フォークスをはじめとするレジスタンス一派は、ジェイムズ一世を君主とする圧政に反発し、政府の転覆を狙って“火薬の陰謀”をくわだてた。だが、一斉に摘発されたフォークスらは絞首刑、火あぶりの刑、四つ裂きの刑に処され、計画は未完に終わってしまったのだ。
 その反逆精神とあの日の記憶を胸に、Vはフォークスの計画を引き継ぐことを心に誓う。1605年11月5日に処刑されたフォークスに代わって、国会議事堂を爆破しようというのだ。
 謎に包まれたVの素性が明らかになるにつれ、イヴィーは自分自身についての真実をも知るようになる。図らずもVの協力者となったイヴィーはVの悲願をはたすべく、革命の火をともし、血も涙もない腐りきった社会に自由と正義を取り戻すために立ち上がった。
(CAST)
ナタリー・ポートマン:イヴィー
ヒューゴ・ウィーヴィング:V
スティーヴン・レイ:フィンチ警視
スティーヴン・フライ:ゴードン・ディートリッヒ
ジョン・ハート:アダム・サトラー議長
ティム・ピゴット=スミス:クリーディー
ルパート・グレイヴス:ドミニク警部
ロジャー・アラム:プロセロ
ベン・マイルズ:ダスコム
ヴァレリー・ベリー:バン
シニード・キューザック:デリア・サリッジ
ナターシャ・ワイトマン:バレリー・ペイジ
ジョン・スタンディング:リリマン主教
エディ・マーサン:エサレッジ
(STAFF)
監督:ジェームズ・マクティーグ
製作:ジョエル・シルヴァー/アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー/ラント・ヒル
製作総指揮:ベンジャミン・ウェイスブレン
脚本:アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー
撮影:エイドリアン・ビドル
プロダクションデザイン:オーウェン・パターソン
衣装:サミー・シェルドン
編集:マーティン・ウォルシュ
音楽:ダリオ・マリアネッリ
マトリックスのSTAFFが集結と言う事で超期待をして観に行ったのですが
期待しすぎたせいか
少しガッカリ
です…
Ⅴ役のヒューゴ・ウィーヴィング、一度も顔を出さず仮面を被ったまま終るし…
仮面を取ったらエージェントスミスみたいなオチでもよかったのでは(よかね~って)
ただ一緒にいった方がけっこう、面白かったと
言ってくれたので救われました。(俺が観たいと言ったので)
つー感じですな。
「いや~っ、映画ってほんと難しいですね。では、また」
(↑水野晴郎ぽくお願いします)
(2006年/映画館12本目/トータル19本目)
a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします。

テーマ:Vフォー・ヴェンデッタ - ジャンル:映画

【2006/04/23 11:24】 | 映画(映画館) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
GW~夏にかけて、みたい映画。
「かもめ食堂」
ハラゴシラエして歩くのだ。
かもめ食堂。
それはフィンランドの
ヘルシンキにありました。

監督:荻上直子
出演:小林聡美/片桐はいり/もたいまさこ
story:フィンランドのヘルシンキに“かめも食堂”という小さな食堂をオープンした日本人女性サチエ。シンプルな“おにぎり”を看板メニューに、フィンランドの人にも日本食のおいしさを伝えたいと張り切るが、やって来たお客は日本のアニメが好きなおたく青年だけ。それでもめげずに淡々と営業を続けるサチエは、やがて訳ありな2人の日本人女性と出会うのだった。
予告編
公開中
「映画 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌」
映画10周年記念作品
監督:山本泰一郎
出演:高山みなみ/山崎和佳奈/神谷明/山口勝平
story:謎の男から依頼を受け、横浜へとやって来た小五郎とコナンたち一行。
しかし、その男の罠にはまり、蘭や少年探偵団たちが人質にとられてしまう。タイムリミットは12時間。その間に依頼されたある事件の真相を解かないと、蘭たちに取り付けられた爆弾が爆発してしまう。さらにその男は、コナンの正体が工藤新一である事を知っていた!
“西の高校生探偵”服部平次や、怪盗キッドも登場!!
刻一刻と迫るタイムリミット。コナンたちは、事件の謎を解き、時間内に蘭たちを無事救い出せるのか!?そして謎の依頼主、黒い影の正体とは……
予告編
公開中
「連理の枝」
残された時間を
幸せだけでうめてあげたい

監督:キム・ソンジュン
出演:チェ・ジウ/チョ・ハンソン/チェ・ソングク
story:息苦しい病院を抜け出したヘウォン(チェ・ジウ)は、柔らかい雨とさわやかな空気を体いっぱいに受け止めていた。その時、若い事業家(チョ・ハンソン)と出会い、恋に落ちるたが、2人が永遠に一緒にいることは、叶いようのない願いだった。
予告編
公開中
「アンダーワールド エボリューション」
1000年の時を越え、
闇の種族は進化する。

監督:レン・ワイズマン
出演:ケイト・ベッキンセイル/スコット・スピードマン
story:ヴァンパイアとライカン(狼男族)の種族の存亡を賭けた死闘が繰り広げられてきた闇の世界の女戦士セリーン(ケイト・ベッキンセイル)は、両種族の創世にまつわる自らに秘められた過酷な運命を知る。己の血族であるヴァンパイアに裏切られたセリーンは、複雑な想いの中、闇の世界“アンダーワールド”への復讐を誓うが……。
予告編
公開中
「Vフォー・ヴェンデッタ」
人民が政府を恐れるのではない
政府が人民を恐れるのだ

監督 : ジェイムズ・マクティーグ
出演 : ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィービング
story:近未来のイギリス。そこは独裁者アダム・サトラー議長が支配するファシズム国家となっていた。テレビ局で働くイヴィーはある日、外出禁止時間に表を歩いていたところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。そんな絶体絶命の危機を、彼女は“V”と名乗る謎の仮面男に救われる。しかし男は、1605年に国王の圧政に反発し国家転覆を図り失敗に終わったガイ・フォークスにならって、たった一人でサトラー政府に反旗を翻す狡猾非情なテロリストだった。次第にVのテロ活動に深く巻き込まれていくイヴィーは、やがて自分自身の内なる真実に目覚めてゆく…。
予告編
4月22日鑑賞(←たいした事、書いてないけど感想です)
公開中
「デュエリスト」
もう一度会いたい
たとえ闘う運命でも

監督:イ・ミョンセ
出演:ハ・ジウォン/カン・ドンウォン/アン・ソンギ
story:朝鮮王朝時代。国中を揺るがす大規模な偽金事件が発生した。その背後に潜む陰謀を暴くため、極秘捜査に身を投じた若い女刑事ナムスン(ハ・ジウォン)。武術にも長けたナムスンは、市場での潜入捜査中に悲しい目をした謎の刺客(カン・ドンウォン)と運命的に出会う。ナムスンは宿敵であるはずの男に惹かれ、切ない想いを募らせていく……。
予告編
公開中
「チェケラッチョ!!」
なんだよ?
ちぇけらっちょって?

監督:宮本理江子
出演:市原隼人/井上真央
story:平凡な高校生の透(市原隼人)、暁(柄本佑)、哲雄(平岡祐太)の3人と、透に淡い想いを寄せる唯(井上真央)は、沖縄のインディーズ・バンド“ワーカホリック”のライヴを目撃して音楽に目覚める。ほどなくヒップホップ・バンドを組むが、ひょんなことからワーカホリックの前座としてステージに立つことになる。
予告編
公開中
「グッドナイト&グッドラック」
これは、全米を勇気で満たした感動の実話である。
監督:ジョージ・クルーニー
出演:デヴィッド・ストラザーン/ジョージ・クルーニー
story:1953年のアメリカは、共産党主義者を弾圧する“赤狩り”の嵐が吹き荒れていた。大手TV局に勤めるエド・マロー(デヴィッド・ストラザーン)や同僚たちにも疑いの目は向けられ、自由な報道すらままならない状況下に置かれていたが、ジャーナリストとしてあるべき姿を追い求めるマローらは、真実を報道することを決意する。
予告編
公開中
「LIMIT OF LOVE 海猿」
愛でしか、救えない。
監督:羽住英一郎
出演:伊藤英明/加藤あい/佐藤隆太
story: 潜水士となって早2年。海上保安官である仙崎大輔(伊藤英明)は、鹿児島・第十管区に異動となり、機動救難隊員として海難救助の最前線で働いていた。恋人・伊沢環菜(加藤あい)とは将来を意識しながら、遠距離恋愛を続行中。
さまざまな経験を経て、ひと回り大きくなった大輔だったが、成長したことで知る重みや苦しみもある。それが原因で環菜との仲もギクシャクし、心は複雑に揺れていた。そんななか、鹿児島沖3キロで大型フェリー・くろーばー号の座礁事故が発生。バディの吉岡哲也(佐藤隆太)たちと現場に駆けつけた大輔は、そこで驚愕の光景を目撃する。
凄まじい早さで浸水を始め、傾いていく船体。9階建ビルに匹敵する船内には195台もの車両が積載されていて、引火すれば大爆発の危険が。しかも非常用システムはすべて破損している。そして、パニックを起こして逃げ惑う620名もの乗客。そこには、偶然にも船に乗り合わせていた環菜の姿が!
4時間後、船は沈没する。最後の最後まであきらめずに立ち向かう大輔だったが、かつてない極限状態の前に限界があった。大輔の勇気と力と愛、皆の信じる思いも飲み込んで沈みゆく船。そして、大輔の声、彼の名を呼ぶ環菜や仲間の声は、爆発音にかき消される…。
予告編
5月8日鑑賞(←たいした事、書いてないけど感想です)
公開中
「間宮兄弟」
間宮兄弟はどこにでもいる
監督:森田芳光
出演: 佐々木蔵之介/塚地武雄/常磐貴子/沢尻エリカ
story:兄・明信と弟・徹信の間宮兄弟は、マンションで2人暮らし。一緒にご飯を食べ、野球観戦で熱くなり、ビデオを観ては涙する。もういい大人の2人だけれど、仲の良さは子供の頃と全く同じ。いや、むしろ人生を共にしてきた太い絆の分だけ、さらに仲良くなっているかも。ある日、彼らは行きつけのレンタル屋さんの店員、直美ちゃんと、徹信の務める小学校の依子先生を誘ってカレーパーティーを開くことを決意。頑張って彼女たちに声をかけるのだった。
予告編
公開日:2006年5月13日
「陽気なギャングが地球を回す」
ロマンはどこだ!?
監督:前田哲
出演:大沢たかお/鈴木京香/松田翔太/佐藤浩市
story:意識するしないにかかわらず他人の嘘がわかってしまう男と、コンマ1秒まで正確に時を刻む体内時計を持つ女。口から生まれてきたようないい加減な理屈をこねる演説の達人と、生まれついての若き天才スリ師。実生活においては何の役にも立たない奇妙な能力をもつ4人の男女が出会ったとき、ロマンあふれる犯罪計画が動き始める!大胆不敵な計画は成功するかに思えたが、突如現れた別の強盗に現金を奪われてしまう…。「計画が漏れていたのか?裏切り者がいるのか?」。強奪された現金を奪還するため、彼らは更なる奇妙な仕掛けを駆使した計画を実行に移すのだが…。善人、悪党入り乱れての知恵比べ。最後に勝利する者は!?
公開日:2006年5月13日
「ピンクパンサー」
消えた世界一のダイヤ<ピンクパンサー>の謎に
ご存知、世界一の迷警部クルーゾー参上!

監督:ショーン・レヴィ
出演:スティーブ・マーティン/ケヴィン・クライン/ジャン・レノ
story:サッカーの国際試合で、フランス代表チームの監督グルアンが何者かに殺害され、所有していたピンクパンサー・ダイヤモンドが忽然と姿を消した。ドレイフェス警視は、この事件で自らを引き立てるため、クルーゾーを警部に抜擢し任務にあたらせる。早速、助手のポントンとともに犯人逮捕に乗り出したクルーゾー警部だが、捜査に向かったニューヨークの空港でとんでもないトラブルに巻き込まれ、『フランスの恥』と報道されてしまう…。
予告編
公開日:2006年5月13日
「ダ・ヴィンチ・コード」
ダ・ヴィンチは、
その微笑に、何を仕組んだのか。

監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/ジャン・レノ
story:閉館後のルーヴル美術館。ダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわる、館長の死体が発見された。死体の周りに残された、不可解な暗号。その暗号の中には、その夜、彼が会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンの名前が含まれていた。殺人の容疑者として現場に連れて来られたラングドンだったが、館長の孫娘で暗号解読官のソフィーに助け出される。暗号の謎をときはじめるふたり。しかしそれは、歴史的真実を覆す謎解きのはじまりに過ぎなかった…。
予告編
公開日:2006年5月20日
「ゴール!」
少年の夢は、みんなの夢になる。
監督:ダニー・キャノン
出演:クノ・ベッカー/スティーヴン・ディレイン/アンナ・フリエル
story:サンティアゴは、メキシコから米国へと一家で不法入国し、ロスに暮らす20歳の青年だった。昼は父と共に庭師として働き、夜もアルバイトをして、生計を立てていた。サンティアゴは、地元サッカーチームのスタープレイヤーだった。父親は、息子と事業を始めたがっているが、彼は密かにプロ選手を夢見て、貯金もしていた。ある日、試合後、一人の男がサンティアゴに近づいて来た。それは、元ニューキャッスル・ユナイテッドの選手の、スカウトマンだった。男は、彼にロンドンへ行き、プロテストを受けるよう、強く薦める。
FIFA公認、新人サッカー選手の奮闘や恋を描いた青春映画3部作の第1弾。
予告編
公開日:2006年5月27日
「嫌われ松子の一生」
あなたは〝嫌われ松子〟を好きですか?
監督:中島哲也
出演:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子
story:昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう。その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の連続にまみれた波乱万丈の人生を送ることになる……。
予告編
公開日:2006年5月27日
「デイジー」
愛は、枯れない。
監督:アンドリュー・ラウ
出演:チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ
story:アムステルダムで暮らすヘヨン(チョン・ジヒョン)の元に、毎日見知らぬ人からデイジーの花が届く。ある日街頭で似顔絵を描く彼女の前にジョンウ(イ・ソンジェ)が現れ、彼女は彼こそが待ち焦がれた運命の相手だと確信する。だが、実は男は国際警察の捜査官で、彼の追う暗殺者(チョン・ウソン)こそが花の贈り主だった。
予告編
公開日:2006年5月27日
「花よりもなほ」
赤穂四十七士の仇討ちの影に市井の人々の
たくましい“生の物語”があった。

監督:是枝裕和
出演:岡田准一/宮沢りえ
story:時は元禄十五年、今からさかのぼること三百年。
仇討ちんに藩が賞金を出していた時代。
父の仇討ちのために信州松本から江戸に出てきた宗左衛門だが、実はこの男、剣の腕がからきし立たぬときた。
貧しいながらも人情あふるる長屋で半年暮すうち、あろうことか「仇討ちしない人生」もあると知ってしまった。 さぁて、お立会い!
宗左衛門、仇討ちするかしないか、しないかするか。
事の顛末は見てのお楽しみ!
公開日:2006年6月3日
「トリック劇場版2」
推理活劇 感動必至 大入希望
監督:堤幸彦
出演:仲間由紀恵/阿部 寛/生瀬勝久/堀北真希/野際陽子
story: 筐神島は、関東沖合に浮かぶ小さな島である。山の頂上にはなぜか巨大な岩が乗っている。この島を支配する霊能力者・筐神佐和子が一人でたった一晩のうちに持ち上げたものだという……。
ある日、上田の研究室に「どんと来い、超常現象」を手にした青年・青沼が訪ねてくる。10年前、筐神佐和子に連れ去られた幼馴染みの美沙子という女性を取り戻して来て欲しいというのである。一人では怖い上田は、例によって奈緒子を巻き込み、佐和子とその信奉者が待ち受ける筐神島へ。
「浮遊する巨大な岩」「瞬間移動」そして「消失する村」……二人の目の前で次々と繰り広げられる驚愕の奇蹟の数々。筐神佐和子の霊能力か、それともトリックなのか。
一方、里見は“文字の力”を武器に選挙に挑み、矢部は部下を引き連れてある事件を追っていて……。それぞれの思惑が複雑に交錯する中、事件は誰もが予想だにしない驚愕の展開へ。
最強の霊能力者を相手に、かつてない窮地に陥った奈緒子と上田の運命は…!?
予告編
公開日:2006年6月10日
「インサイド・マン」
それは、一見誰が見ても
完璧な銀行強盗と思われた…

監督:スパイク・リー
出演:デンゼル・ワシントン/ジョディ・フォスター
story:マンハッタンの銀行で強盗事件が発生し、犯人グループのリーダー、ダルトン(クライブ・オーウェン)は人質を取って銀行に立てこもってしまう。現場に急行した捜査官フレイジャー(デンゼル・ワシントン)は事件発生から7時間経っても行動を起こさない犯人たちに対し、時間稼ぎをしているのではないかとの疑問を抱き始める。
予告編
公開日:2006年6月10日
「オーメン」
0666日、あの子が目を覚ます。
監督:ジョン・ムーア
出演:リーヴ・シュライバー/ジュリア・スタイルズ
story:66日午前6時にこの世に誕生した母親不明の赤ん坊ダミアン。実の子を亡くしたロバート&キャサリンのソーン夫妻はダミアンを引き取り、愛をもって育てる。ところが、成長したダミアンの周囲で家政婦、神父らが次々に謎の死を遂げる。キャサリンまでが不可解な事故で重傷を負うなか、ロバートはダミアンに恐るべき疑いを持つようになる。やがて “666”という数字に込められた秘密を知ってしまったロバートは、驚愕の真実に直面するのだった……。
予告編
公開日:2006年6月10日
「DEATH NOTE」
デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。
監督:金子修介
出演:藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香
story:「そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ」死神のきまぐれが人間界にもたらした、究極の道具、デスノート。手にした人間を狂わせるのは、完全なる世界を目指す正義の決意か、それとも神になりかわろうとする欲望なのか……。
予告編
公開日:2006年6月17日
「ポセイドン」
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
出演:ジョシュ・ルーカス/カート・ラッセル
story:北大西洋の真ん中で豪華客船が大波を受けて転覆。そんなことがなければ決して助け合うはずのなかった人々が生き延びるために手を取り合う。船がしだいに沈んでいくなか、彼らは次々に襲いかかる想像を絶する危機に直面しながら、苦渋の選択を迫られることになる。
予告編
公開日:2006年6月
「カーズ」
今度の奇跡は、「車の世界」に起こります。
監督:ジョン・ラセター
出演:ポール・ニューマン/オーウェン・ウィルソン
story:真っ赤でピカピカなボディがトレードマークのレース・カー“ライトニング・マックィーン”は、レースでチャンピオンを目指す人気者。ある日ルート66号線沿いにある田舎町“ラジエイター・スプリングス”に立ち寄り、住民たちと触れ合ったことで、自分の人生には何かが失われていたことに気が付く。
予告編(字幕版)
予告編(吹替版)
公開日:2006年7月1日
「M::III」
監督:J・J・エイブラムス
出演:トム・クルーズ/ヴィング・レームズ/ケリー・ラッセル
story:不可能なミッションを遂行してきた天才的スパイのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、敵の罠に落ち、前例のない衝撃的な計画に翻ろうされてしまう。イーサンは己との戦いを克服し、成功率0%の任務を成し遂げるため、ヨーロッパやアジアへと飛ぶ。そして最高機密組織 I.M.F.の新たなるメンバーとともに任務を遂行するが……。
予告編
公開日:2006年7月8日
「ブレイブ・ストーリー」
これは、ボクの勇気のハナシ。
監督:千明孝一
出演:松たか子/大泉洋/常盤貴子/ウエンツ瑛士/樹木希林
story:ある日、小学5年生のワタル(松)が家に帰ると、ガスの充満する部屋で母親が倒れていた。父親が母親と自分を残して家を飛び出してしまい、呆然自失して自殺しようとしていたのだ。「こんな人生間違ってる!」。そう思うワタルが思い出したのは、友達と探検していたときに発見した“運命を変えられる扉”だった。意を決して扉をくぐったワタルを待っていたのは、剣と魔法が支配する広大なファンタジーの世界。運命を変えるために必要なのは、5つの宝玉を集めること。こうしてワタルの壮大な冒険が始まった。
予告編
公開日:2006年7月8日
「日本沈没」
2006年、夏
沈没へのカウントダウン-それは明日かもしれない-

監督:樋口真嗣
出演:草剛/柴咲コウ/及川光博/豊川悦司/大地真央
story:日本海溝近辺の大規模な地殻変動により、日本列島のほとんどが海中に沈没するという驚愕の予測が下った。その予測を裏打ちするかのように、各地の火山が噴火、M(マグニチュード)8以上の大地震が次々と起こる。Xデーが避けられないと悟った政府は、諸外国に日本人の受け入れを要請する。東京、大阪、横浜、神戸、函館から出航する国外脱出を急ぐ人々を載せた大型船を、地震によって発生した巨大津波が襲う。1億2千万の日本人は、どこへ逃れるのか?どこへ向かうというのか?日本全土が極限状態のなか、人々は何を守り、何を救おうとするのか……。
予告編
公開日:2006年7月15日
「ゲド戦記」
かつて人と竜はひとつだった。
人は大地と海をえらび、
竜は風と火をえらんだ。

監督:宮崎吾朗
出演:岡田准一/田中裕子/小林薫/夏川結衣/菅原文太
story:物語の舞台は、多島海世界“アースシー”。西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界である東の海に現れた。それと呼応するかのように、世界では、さまざまな異変が起こり始めていた。農民は田畑を捨て、職人は技を忘れモノを作らなくなった。街では、人々はせわしなく動き回っているが目的を失っているように見えた。そして、世界は魔法の言葉を忘れつつあった。 
 世界の均衡(バランス)を崩す者の正体をつきとめる旅に出た大賢人ゲドは、国を捨てた王子アレンと出会う。
公開日:2006年7月
「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」
ジャック・スパロウ
お前の烙印は消えない…

監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/キーラ・ナイトレイ
story:ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)は、海底の支配者として悪名高い、さまよえる幽霊船“フライング・ダッチマン” の船長デービー・ジョーンズ(ビル・ナイ)に多額の借金があった。ジャックは自分自身の保身のため、仲間であるはずのウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)やエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)を裏切ってしまい……。
予告編
公開日:2006年7月22日
「スーパーマン リターンズ」
監督:ブライアン・シンガー
出演:ブランドン・ラウス/ケヴィン・スペイシー/ケイト・ボスワース
story:地球から50光年離れた惑星クリプトンが爆発の危機に見舞われた時、一人の赤ん坊が、科学者の両親によって超光速ロケットに乗せられて、地球へと送り出された。
 地球に不時着したロケットは、子供のいないケント夫妻によって発見され、赤ん坊はクラークという名前を与えられ、ケント夫妻の養子として育てられることになった。
 大人になったクラークは、クリプトン人ならではのスーパーパワーを発揮するようになる。そして、正義と真実を愛するクラークは、第二の故郷である地球の平和を守るため、スーパーマンとしての生き方を決意するのだった。
 普段はデイリー・プラネット社の目立たない新聞記者クラーク。しかし、ひとたび事件がおこれば、彼は無敵の超人スーパーマンへと変身し、世界の平和のために大空を駆け巡るのだ。
予告編
公開日:2006年7月
「ハチミツとクローバー」
恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった
監督:高田雅博
出演:櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ
story:全員が片思い。"きっと明日恋がしたくなる"ハイテンションな
笑い×甘く切ない想い。美大を舞台に繰り広げられる5人の若者のラブストーリー「ハチミツとクローバー」は、 "全員片思い"の淡く切なくリアルなお話。始まりそうで始まらない恋、終わりそうで終わらない恋。片思いの楽しさとみんなと笑い転げるハッピィデイズを描き出し、切ない想いと青春の痛みを伝える恋愛青春映画の決定版!
公開日:2006年7月
a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします。

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

【2006/04/12 16:46】 | 映画(独り言) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
成分解析
どうも~っ!
最近、これ↓流行ってますね~

成分解析





つー事で俺もやってみました。

結果は・・・

かんかんの76%は根性で出来ています
かんかんの11%は濃硫酸で出来ています
かんかんの5%はミスリルで出来ています
かんかんの5%は言葉で出来ています
かんかんの3%は心の壁で出来ています

俺の主成分は
根性!
です。

えっ、マジで・・・?

皆さんは何で出来てます?

a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします。
【2006/04/11 15:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソウ2をみた。
「追う者あり、逃げる者ありだぁな!」by長谷川平蔵(鬼平犯科帳)

どうも~っ。
落ちている時にこういう映画はいけません
ソウ2
SAW II(原題)
saw2.jpg


(story)
元々は荒くれ刑事で今は内勤に甘んじているエリック。彼はある時、猟奇的連続殺人犯ジグソウを執拗に追う女刑事ケリーに呼び出され、凄惨極まりない殺人現場に立ち会う。その残忍な手口から、これもジグソウの仕業に違いないと思われた。しかも死体はエリックが使っていた情報屋、マイケルだった。犯人が現場に残したヒントから、エリックはアジトを推測、SWAT、ケリーとともに急行する。案の定、そこにいたジグソウは、思いがけずあっけなく捕まった。だが、それはジグソウが仕掛けた新たなゲームの始まりに過ぎなかった。その部屋に設置されたモニターには、どこかの部屋に監禁された男女8人が写っており、その中にはエリックの息子ダニエルも閉じこめられていたのだった…。

(CAST)
ドニー・ウォールバーグ:エリック・マシューズ
ショウニー・スミス:アマンダ
トビン・ベル:ジグソウ
フランキー・G:ザヴィエル
グレン・プラマー:ジョナス
ディナ・メイヤー:ケリー
エマニュエル・ヴォージア:アディソン
ビヴァリー・ミッチェル:ローラ
エリック・ナドセン:ダニエル
ティム・バード
トニー・ナッポ
ノーム・ジェンキンス

(STAFF)
監督:ダーレン・リン・バウズマン
製作:マーク・バーグ/グレッグ・ホフマン/オーレン・クールズ
製作総指揮:ジェームズ・ワン/リー・ワネル/ピーター・ブロック/ジェイソン・コンスタンティン/ステイシー・テストロ
脚本:ダーレン・リン・バウズマン/リー・ワネル
撮影:デヴィッド・A・アームストロング/キット・ホイットモア
プロダクションデザイン:デヴィッド・ハックル
編集:ケヴィン・グルタート


1の続きです。
1の例の場所も出てきます。
ハッキリ言って

グロイ
です。
1程の衝撃はありませんでしたが
グロさは増してます。
そして3がありそうなラストシーンです。
つーかあります確実に
↓こんなの見つけましたから

saw3.jpg


そんな感じです
(2006年/DVD7本目/トータル18本目)

a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします。

テーマ:SAWⅡ - ジャンル:映画

【2006/04/05 09:27】 | 映画(DVD) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「亀は意外と速く泳ぐ」をみた。
「天才ですから」by桜木花道

どうも~っ!
ここ何日間か1日1本以上映画をみてま~すっ。
GWまでにDVD在庫処理
一気にたまってるやつを片付けます。
ほんでもって昨日はこれを鑑賞。

亀は意外と速く泳ぐ
20060404145615.jpg
ゆるくて、
可愛いい、
なんか変!
“脱力系”奥様スパイ!がやってくる!!

(story)
夫が海外単身赴任中の平凡な主婦・片倉スズメ。日課は夫が大切にしているペットの亀にエサをあげるだけという単調な毎日。日頃から存在感の薄さを痛感していたスズメは、幼なじみの親友、クジャクのダイナミックな生き方を見るにつけ、いよいよもって平凡な自分に嫌気がさしてくる。そんな時、偶然見かけた“スパイ募集!”の小さな貼り紙のことを思い出したスズメは、思い切ってその番号に電話してみるのだった。3日後、指定された場所へ向かったスズメは、そこでクギタニ夫妻と出会う。自分たちはある国のスパイだと語る彼らは、平凡な人ほどスパイ向きとスズメの資質を評価し、活動資金として500万円を渡し、スズメをスパイに採用する。ところが夫妻から与えられた指令は、とりあえず平凡な生活を続けること、だった。これまでと何ら変わらない日常ではあったが、何だか妙に楽しく感じられ、充実した日々を送るようになるスズメ。しかし、次第にそんな彼女の周囲で不穏な動きが見え始め…。
(CAST)
上野樹里:片倉スズメ
蒼井優 :扇谷クジャク
岩松了 :クギタニシズオ
ふせえり:クギタニエツコ
要潤  :加東先輩
松重豊 :ラーメン屋のオヤジ
松村利史:豆腐屋のオヤジ
森下能幸:最中屋のおじさん
緋田康人:水道屋
温水洋一:パーマ屋のおじさん
松岡俊介:韮山
水橋研二:白バイ警官
岡本信人:スズメの父親
嶋田久作:福島
伊武雅刀:中西
(STAFF)
監督:三木聡
製作:橋本直樹
プロデューサー:佐々木亜希子
脚本:三木聡
撮影:小林元
美術:常盤俊春
編集:高橋信之
主題歌:レミオロメン「南風」
音響効果:小川広美
照明:堀直之
録音:高橋義照
助監督:川村直紀

シュールでゆる~い映画です。
しかも小ネタ満載です。
でも一応スパイ映画です。
CG満載のアクションスパイ映画にはない
面白さがある訳なんですよ。
もしかしたらスパイって
実際はこんな生活なのかも・・・
俺はこの映画好きです。
途中
意図が全然わかりません!!
的な事もあるけどね。

※赤の太字の所はジョン・カビラふうに読んで下さい。

(2006年/DVD6本目/トータル17本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。

テーマ:映画DVD - ジャンル:映画

【2006/04/04 15:48】 | 映画(DVD) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
イーオン・フラックスをみた。
「のび太くん!
歴史をむやみに変えちゃいけないんだよ!」
byドラえもん
↑またまたこれかよ!

はいっ、ど~もっ。
4月1日鑑賞3本目。
イーオン・フラックス
AEON FLUX(原題)
282770_3315482574.jpg
2415年、イーオン
君に泣いているヒマはない。

(story)
 2015年、品質改良を重ねた穀物から発生したウイルスにより、人類の98%が死滅。
 科学者トレバー・グッドチャイルドの開発したワクチンによりかろうじて人類は滅亡の危機を回避できた。
以降、人類は汚染された外界と壁で隔てた都市ブレーニャで、救世主の子孫トレバー8世を君主に、トレバーの弟オーレンと科学者たちで成り立つ政府に厳しく律されながら暮らしている。そんな中、反政府組織「モニカン」は地下活動を着実に進めていた。かつて、たった1人の妹の命を政府に奪われ、その政府に激しい憎悪をもつイーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)も「モニカン」の優秀な戦士の1人。ある日イーオンに、いよいよ君主暗殺の指令が組織より下る。しかし、トレバーに銃口を向けたまさにその瞬間、イーオンの脳裏に、敵であるはずの君主トレバーとの一片の愛の記憶が蘇る。混乱するイーオンは撃てないまま、トレバーの右腕フレイヤに捕まってしまう。
果たして、イーオンとトレバーの真の関係とは?
 ワクチンの副作用とは何なのか? トレバーの行っている極秘の研究の実態が今明らかになる・・・
(CAST)
シャーリーズ・セロン:イーオン・フラックス
マートン・ソーカス:トレバー・グッドチャイルド
ジョニー・リー・ミラー:オーレン・グッドチャイルド
アメリア・ワーナー:ユーナ・フラックス
ソフィー・オコネドー:シサンドラ
フランシス・マクドーマンド:ハンドラー
ピート・ポスルスウェイト:キーパー
(STAFF)
監督:カリン・クサマ Karyn Kusama
製作:デヴィッド・ゲイル[製作]
グレゴリー・グッドマン/ゲイル・アン・ハード/ゲイリー・ルチェッシ
製作総指揮:トム・ローゼンバーグ/ヴァン・トフラー
脚本:フィル・ヘイ/マット・マンフレディ
撮影:スチュアート・ドライバーグ
キャラクター原案:ピーター・チョン
プロダクションデザイン:アンドリュー・マッカルパイン
衣装デザイン:ベアトリス・アルナ・パッツアー
編集:ピーター・ホーネス/プラミー・タッカー
音楽:グレーム・レヴェル


 はいっ、こんな感じです。
一緒に行った方々がイマイチだと言ってました。
が、が、が
俺は面白かったので
いいんです。
それにシャーリーズ・セロンが綺麗なので
いいんです。
黒髪のシャーリーズ・セロンが堪らなく
いいんです。
やっぱり映画はヒロインが美人でなきゃいけません。
少々の事ならそれで
いいんです。
てな事になります。

もう一度言います。
この映画はシャーリーズ・セロンが綺麗なので
それでいいんです。
では、また。

※「いいんです」の所は川平慈英ふうに読んで下さい。

(2006年/映画館11本目/トータル16本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。

テーマ:イーオン・フラックス - ジャンル:映画

【2006/04/03 10:21】 | 映画(映画館) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
サウンド・オブ・サンダーをみた。
「のび太くん!
歴史をむやみに変えちゃいけないんだよ!」
byドラえもん
↑またこれかよ!

どもーっ。
4月1日鑑賞2本目です。

サウンド・オブ・サンダー

A SOUND OF THUNDER(原題)
20060403101708.jpg
過去を変えた人類に未来はあるのか?
(story)
 2055年のシカゴ。ここではある夢のような技術が実用化されていた。それはタイム・トラベル。人類の夢であったこの技術は「タイム・サファリ社」により、恐竜のハンティング・ツアーという形で商売に転用され、高額にもかかわらず、金持ちの間で流行となり、半年先まで予約が埋まっている状況だった。
 このタイム・トラベルをコントロールするのはライヤー博士。彼は絶滅した野生動物をDNAにより再生するという研究を重ねながら、この仕事に関わっていた。また、彼のボスである「タイム・サファリ社」のハットン社長はこのタイム・トラベルで私腹を肥やすことしか考えていなかった。
 ある日、ひと組のグループのツアーの成功を祝う席に女性が飛び込み、タイム・トリップの危険性を訴える。彼女はこのタイム・トラベルの中心となるタイムマシンTAMIを開発したランド博士だった。しかし、開発者の名には彼女は入っていない。彼女はハットン社長に利用されたのだった。彼女の主張に対して、彼は100%のシュミレートされている安全性を主張するが、ある日から地球の環境が大きく変化し始める。それはタイム・トラベルで過去に何らかの変化が生じたことが原因だった。そして、そこから生じた変化はさらに巨大な変化を引き起こしていく・・・
(CAST)
エドワード・バーンズ:トラヴィス・ライヤー博士
キャサリン・マコーマック:ソニア・ランド博士
ベン・キングズレー:チャールズ・ハットン
ジェミマ・ルーパー
デヴィッド・オイェロウォ
ヴィルフリート・ホーホルディンガー
コーリイ・ジョンソン
(STAFF)
監督:ピーター・ハイアムズ Peter Hyams
製作:ハワード・ボールドウィン/カレン・ボールドウィン/モシュ・ディアマント/アンドリュー・スティーヴンス
製作総指揮:エリー・サマハ/ロマーナ・シサローヴァ/ジョン・ハーディ/リック・ナサンソン/イエルク・ヴェスターカンプ/ウィリアム・J・イマーマン/ブレック・アイズナー
原作:レイ・ブラッドベリ『雷のような音』
原案:トーマス・ディーン・ドネリー
ジョシュア・オッペンハイマー
脚本:トーマス・ディーン・ドネリー/ジョシュア・オッペンハイマー/グレッグ・ポイリアー
撮影:ピーター・ハイアムズ
プロダクションデザイン:リチャード・ホランド
衣装デザイン:エステル・ワルツ
編集:シルヴィ・ランドラ
音楽:ニック・グレニー=スミス

ツッコミどころ満載B級大作?映画です。
本来ならレンタル店の片隅に未公開映画として並んでいたでしょう。
気になったところをいくつか
走ってる電車が模型です。
↑人が一人も乗ってません。
街を歩くシーンがバリバリ合成。
↑その場で足踏みしてる様に見えます。
ヒロインが可愛くない。
soundofthunder_1.jpg
↑たぶんこやつを作るのに金が掛かったのでしょーっ。
と思いきや製作会社の倒産で資金不足に。
一時はお蔵入りみたいな話もあったそうです。
資金があってもB級大作がB級超大作に変わったぐらいに思う訳ですけど。
ここまで言ってますがB級映画好きの俺はこの映画好きです。
B級万歳
B級好きな人にはオススメです。
では、また。

(2006年/映画館10本目/トータル15本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

【2006/04/03 10:18】 | 映画(映画館) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZORをみた。
「用件を聞こう」byデューク・東郷(ゴルゴ13)

はいっ、どーもっ。
4月1日はいい天気でしたね~っ。
いろいろお誘いはありましたが(誘ってくれて方々すみません。)
1日は自分が入っているサークルの定例映画鑑賞会と
言う事でそちらに行って来ました。
3本観ましたので
先ずはコチラを
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
NIGHT WATCH/NOCHNOY DOZOR(原題)
282770_1631011357.jpg

(story)
人間でありながら特殊な超能力を持つ“異種(アザーズ)”と呼ばれる種族。世界はかつて“光”と“闇”の異種たちの間で激しい戦争を繰り返し、破滅の危機にあった。だが両者は1000年前に休戦協定を結ぶ。それ以来、光は“闇の監視人(ナイト・ウォッチ)”として、闇は“光の監視人(デイ・ウォッチ)”として互いを監視することになった。
現代のモスクワ。予知能力を持つ闇の監視人アントンは、地下鉄で狙われた12歳の少年イゴールを助けるため、闇のヴァンパイアを殺害し瀕死の重傷を負う。リーダーのもとで治療を受けた時、空気の渦の中にたたずむ女を見かけたことを話すと、その女こそは伝説の『災いを招く乙女』であり、予言によると、彼女が世に現れたとき、光と闇のバランスが崩れ、“偉大なる異種”が出現するという。そんな中、モスクワに異常現象が勃発。果たして、イゴールを執拗に狙う闇の勢力の真の目的は何か?そして“偉大なる異種”は光と闇のどちらを選択するのか?秘密がひとつになる時、アントンとイゴールの衝撃の事実が明らかになる…。
(CAST)
コンスタンチン・ハベンスキー:アントン・ゴロデツキー
ウラジーミル・メニショフ:ボリス・ゲッサー
マリア・ポロシナ:スヴェトラーナ・ナザロワ
ガリーナ・チューニナ:オリガ
ヴィクトル・ヴェルズビツキー:ザヴロン
マリア・ミロノーワ:イリーナ
イリア・ラグテンコ:アンドレイ
ジャンナ・フリスケ:アリス
ディマ・マルティノフ:イゴール
ワレーリー・ゾルツキン
ユーリ・クッシェンコ
(STAFF)
監督:ティムール・ベクマンベトフ
製作:コンスタンティン・エルンスト/アナトリー・マキシモフ
原作:セルゲイ・ルキヤネンコ
脚本:ティムール・ベクマンベトフ/レータ・カログリディス
撮影:セルゲイ・トロフィモフ
美術:ワレーリー・ヴィクトロフ
編集:ドミトリー・キセレフ
音楽:ユーリ・ポテイェンコ

初ロシア映画。
冒頭のナレーションが英語だったのでロシア映画でも英語か~なんて思っていたら本題に入るなり
やっぱりロシア語でした。

聞きなれない言語は違和感バリバリです。
オマケに英語の字幕が入っているので日本語字幕はスミに追いやられてます。

「字幕、見難いよ。」

内容の方なんですが・・・

「訳分りません。」

ロシア語に慣れるのに時間が掛かり慣れた頃にはエンディング。
吹き替え版があればそちらで観たかった。
でも、映像はロシア版マトリックスと言われるだけあり凝っています。
ただ、主役のアントンはネオみたくカッコよくありません。
でもロシアでは人気者なんでしょうね。

散々な事言ってますがこの映画は映画館で観る映画だと思うよ。
な訳です。

(2006年/映画館9本目/トータル14本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。 

テーマ:ロシア映画 - ジャンル:映画

【2006/04/03 10:16】 | 映画(映画館) | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。