スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「博士の愛した数式」をみた。
「赤い彗星も地に堕ちたものだな」byキシリア・ザビ
どうも!
昨日は「天使」に引き続きこの映画も観ました。
博士の愛した数式
hakaseno.jpg

博士と過ごしたひとときは
私とルートにとって本当に大切な時間でした

(story)
 ある日、若いシングルマザーの家政婦は、ここ数年間で担当が9人も替わったという顧客を紹介される。面接のために派遣先を訪れた彼女を迎えたのは上品な身なりのご婦人―未亡人だった。母屋に住む未亡人は、世話をするのは離れに暮らす義弟であること、離れの問題は決して母屋に持ち込まないこと、そして、義弟は事故で記憶が80分しかもたないこと、を説明した。
 博士は、学費を出してくれた兄の元で勉強し、イギリスのケンブリッジ大学へ留学、博士号を取得し大学の数学研究所への就職も決まっていた。しかし兄が亡くなると、残された兄嫁は未亡人となり、夫が経営していた織物工場をたたむ事に。そして工場の跡地にマンションを建てて別荘に移り住み、家賃収入の暮らしを始めた。しかし、未亡人と博士の穏やかな生活は交通事故で一変。博士は自らの記憶と共に大学の職を失い、未亡人の援助を受けて生活することになったのだった。
「こんにちは! 新しい家政婦です!」
働き始めの日、玄関に現れた博士が家政婦に一番に尋ねたのは、名前ではなく靴のサイズだった。「君の靴のサイズはいくつかね」「24です」「ほお、実に潔い数字だ。4の階乗だ」
博士が着ていた背広には、あちらこちらにクリップでメモ用紙が留められていた。80分の記憶を補うため、忘れてはならない事柄をメモし、そのメモをどこへやったか忘れないため、身体に貼り付けているのだった。
 その日から、二人は毎朝、玄関で数字の会話を繰り返すこととなった。80分で記憶の消えてしまう博士にとって、家政婦は常に初対面の相手だった。博士は、何を喋っていいか混乱した時、言葉の代わりに数字を用いた。それが他人と交流するために、彼が編み出した方法だった。しかし博士の口からでてくる数式は、一見小難しいと思われがちな数字の印象とは全く異なっていた。どれもこれも、温かくて美しい──ワクワクした驚きと、キラキラした発見に胸躍らされるものばかりだった。
 そんなある日、博士はふとした会話から家政婦に10歳の息子がいることを知る。小さな子どもがたった一人で留守番をしていることに居ても立っていられなくなった彼は、今後は学校帰りに、直接ここに来させるよう彼女に約束させ、すぐさま、袖口のメモにその事を付け加えたのだった。
( 新しい家政婦さん その10歳の息子 ) 
博士は息子を、√(ルート)と呼んだ。
「どんな数字でも嫌がらずに自分の中にかくまってやる、実に寛大な記号、ルートだよ」
ルートが訪れるようになってからというもの、離れには絶え間なく笑い声が溢れるようになった。
その様子を母屋の窓辺からそっと窺う未亡人は、本棚から1通の手紙を取り出し、思いを馳せていた。そこには、愛する者へと向けられた意味深い文章とともに、ある一つの数式が綴られていたのだった・・・・・・。
『 e( πi)=-1 』
 すっかり博士と打ち解けたルートは、博士が高校時代に野球で活躍していたことを知り、自分の野球チームの試合に来て欲しいとお願いをする。数日後、家政婦と一緒にルートの野球の応援に行く博士。しかし、炎天下での応援のせいか、博士は熱を出し寝込んでしまう。熱は一向に下がらなかった。ただひたすら眠りつづける博士を心配し、家政婦紹介所の規則を破って二人は泊り込みで看病をし続けた。
朝。ようやく起き上がった博士を見て、家政婦はいつものように声を掛けた。いつになく取り乱した博士の口から発せられたのは、まぎれもない現実──。
「ぼくの記憶は、80分しかもたない・・・・・・」
その言葉の意味する苦しみを、彼女ははじめて目の当たりにしたのだった。
 数日後、紹介所に呼び出された家政婦は、突然、解雇の通告を受ける。二人が離れに泊り込んでいたことに対して、未亡人がクレームをいれたのが理由だった。家政婦は、看病のためには必然であったこと、離れの問題を母屋に持ち込むなという命令を忠実に守ってきたのだ、ということを必死に訴え、解雇を取り下げるようにお願いした。しかし、願いが聞き入れられることはなかった。
 新たな派遣先で働き始めた家政婦は、電話番号や冷蔵庫の製造番号など実生活に溢れる数字たちを見て、博士と過ごした宝物のような楽しい日々を懐かしんでいた。そして、ふとした瞬間に博士の言葉を思い出す度に、博士に会いたい気持ちを募らせていた。そして彼女のもとに、またもや一本の電話が入る。それは、あの未亡人からだった・・・。
(CAST)
寺尾聰:博士
深津絵里:杏子
齋藤隆成:ルート
吉岡秀隆:先生(ルート)
浅丘ルリ子:未亡人
(STAFF)
監督:小泉堯史
プロデューサー:荒木美也子/桜井勉
エグゼクティブプロデューサー:椎名保
原作:小川洋子『博士の愛した数式』(新潮社刊)
脚本:小泉堯史
撮影:上田正治 /北澤弘之
美術:酒井賢
衣装コーディネーター:黒澤和子
編集:阿賀英登
音楽:加古隆
音響効果:斎藤昌利
照明:山川英明
装飾:柴田博英
録音:紅谷愃一

「俺も80分しか記憶が保たないのです」(←嘘です)
まーそれに近いものがありますが・・・
脳を鍛える大人のDSトレーニングでも買って脳を鍛えなくては。
でも、DSどこも売り切れです。
俺の脳は老化進行中・・・
まーそんな事はどーでもいいです。

いい映画です。
寺尾聰は相変わらずいい演技しています。
深っちゃんもいいです。
この映画、度々数式が出てくるのでそちらも楽しめます。
観ながら暗算してる俺でした。

感動作好きなな人、数学好きな人にはオススメと思われる訳です。
では。



(2006年/映画館4本目/トータル7本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:博士の愛した数式 - ジャンル:映画

【2006/01/23 10:53】 | 映画(映画館) | トラックバック(5) | コメント(1) | page top↑
<<saku saku Ver.2.0 ヴィンの復習 | ホーム | 「天使」をみた。>>
コメント
映画「博士の愛した公式」クチコミ応援サイトです♪
よろしくお願いしますm(_ _)m
http://ip01.crossmarc.jp/xm42/View.aspx?v=QIVDoLMkyXHL2cXr9qNmsIfRNyOS5G2QFnMii-blL4Ji3A9V5qSJo9MV--xt3a6T
【2006/01/23 19:54】 URL | ルート #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kankan711.blog20.fc2.com/tb.php/120-9b11426d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
感動は深く静かに…「博士の愛した数式」
 実に静かな映画だった。激しい愛の言葉もなければ、涙も憎悪も嫉妬もない。死の場面がなく、ラブシーンもない。淡々と日々の移ろいを追っただけなのに…。それでも、心を打つ、深く静かに、強く。「博士の愛した数式」(小泉堯史監督)はそんな佳作だった。80分しか記憶 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記【2006/02/02 14:17】
映画 『博士の愛した数式』
『博士の愛した数式』公式サイト:http://hakase-movie.com/製作:2006年日本監督:小泉堯史出演:寺尾聰/深津絵里/齋藤隆成/吉岡秀隆/浅丘ルリ子《公開時コピー》&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp; ぼくの記憶は 80分しかもたない元大学教授の数学者(寺尾聰)の家に.... honu☆のつぶやき ~映画に恋して~【2006/01/29 18:00】
博士の愛した数式★★★★★
昨日映画に行ったら「2名で2000円です」って言われました。レイトショーでもないのに何で安いのかなあ?なんていってたら、実はカップルデイ(毎月22日)だったとわかりました。22=夫婦ということだそうです。「カップルじゃないんだけどなあ?」なんて嘯きながらも「... 今日も元気にがんばろう(≧▽≦)【2006/01/24 22:58】
映画「博士の愛した数式」はさわやかな感動作!
第1回本屋大賞に輝く寺尾聰主演の「博士の愛した数式」の試写会に行ってきました。「僕の記憶は80分しかもたない」というコピーのために流行の”記憶物”かと思いきやそれをベースのさわやかな感動を与えてくれる作品でした。出演者も、深津絵里をはじめしっかりしていた bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ【2006/01/23 15:50】
博士の愛した数式
 この生徒たちは何年生だ?とか、ルートの本当の名前はトオルっていうんじゃないのか?などとつまらないことを考えてしまった。 80分しか記憶が持たない博士。人と接する手段として数字のことを訊ねるのです。初対面の異性と何をしゃべっていいのかわからないときに、星座 ネタバレ映画館【2006/01/23 11:54】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。