スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZORをみた。
「用件を聞こう」byデューク・東郷(ゴルゴ13)

はいっ、どーもっ。
4月1日はいい天気でしたね~っ。
いろいろお誘いはありましたが(誘ってくれて方々すみません。)
1日は自分が入っているサークルの定例映画鑑賞会と
言う事でそちらに行って来ました。
3本観ましたので
先ずはコチラを
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
NIGHT WATCH/NOCHNOY DOZOR(原題)
282770_1631011357.jpg

(story)
人間でありながら特殊な超能力を持つ“異種(アザーズ)”と呼ばれる種族。世界はかつて“光”と“闇”の異種たちの間で激しい戦争を繰り返し、破滅の危機にあった。だが両者は1000年前に休戦協定を結ぶ。それ以来、光は“闇の監視人(ナイト・ウォッチ)”として、闇は“光の監視人(デイ・ウォッチ)”として互いを監視することになった。
現代のモスクワ。予知能力を持つ闇の監視人アントンは、地下鉄で狙われた12歳の少年イゴールを助けるため、闇のヴァンパイアを殺害し瀕死の重傷を負う。リーダーのもとで治療を受けた時、空気の渦の中にたたずむ女を見かけたことを話すと、その女こそは伝説の『災いを招く乙女』であり、予言によると、彼女が世に現れたとき、光と闇のバランスが崩れ、“偉大なる異種”が出現するという。そんな中、モスクワに異常現象が勃発。果たして、イゴールを執拗に狙う闇の勢力の真の目的は何か?そして“偉大なる異種”は光と闇のどちらを選択するのか?秘密がひとつになる時、アントンとイゴールの衝撃の事実が明らかになる…。
(CAST)
コンスタンチン・ハベンスキー:アントン・ゴロデツキー
ウラジーミル・メニショフ:ボリス・ゲッサー
マリア・ポロシナ:スヴェトラーナ・ナザロワ
ガリーナ・チューニナ:オリガ
ヴィクトル・ヴェルズビツキー:ザヴロン
マリア・ミロノーワ:イリーナ
イリア・ラグテンコ:アンドレイ
ジャンナ・フリスケ:アリス
ディマ・マルティノフ:イゴール
ワレーリー・ゾルツキン
ユーリ・クッシェンコ
(STAFF)
監督:ティムール・ベクマンベトフ
製作:コンスタンティン・エルンスト/アナトリー・マキシモフ
原作:セルゲイ・ルキヤネンコ
脚本:ティムール・ベクマンベトフ/レータ・カログリディス
撮影:セルゲイ・トロフィモフ
美術:ワレーリー・ヴィクトロフ
編集:ドミトリー・キセレフ
音楽:ユーリ・ポテイェンコ

初ロシア映画。
冒頭のナレーションが英語だったのでロシア映画でも英語か~なんて思っていたら本題に入るなり
やっぱりロシア語でした。

聞きなれない言語は違和感バリバリです。
オマケに英語の字幕が入っているので日本語字幕はスミに追いやられてます。

「字幕、見難いよ。」

内容の方なんですが・・・

「訳分りません。」

ロシア語に慣れるのに時間が掛かり慣れた頃にはエンディング。
吹き替え版があればそちらで観たかった。
でも、映像はロシア版マトリックスと言われるだけあり凝っています。
ただ、主役のアントンはネオみたくカッコよくありません。
でもロシアでは人気者なんでしょうね。

散々な事言ってますがこの映画は映画館で観る映画だと思うよ。
な訳です。

(2006年/映画館9本目/トータル14本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。 
スポンサーサイト

テーマ:ロシア映画 - ジャンル:映画

【2006/04/03 10:16】 | 映画(映画館) | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<サウンド・オブ・サンダーをみた。 | ホーム | バタフライ・エフェクトをみた。>>
コメント
音楽ダウンロード
音楽ダウンロードを探すなら http://www.takeonemusik.com/402853/402854/
【2008/09/15 07:54】 URL | #-[ 編集] | page top↑
ナイト ウォッチ
ナイト・ウォッチのネタにTBさせてもらいました。
スゴイとは聞いていましたが・・・  ロシアの映像センスに驚きです。
【2006/04/05 11:48】 URL | コンドウ #GAkJEmLM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kankan711.blog20.fc2.com/tb.php/131-9d65f632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ナイトを攻める
【ナイト】 GX30-002 英国で誕生した気鋭の腕時計ブランドNITE。自ら発光する、『トリチュウム』が小さなガラス製のカプセルに封入され、針や文字盤、ベゼルに埋め込まれており、従来の蓄光式や、バックライト式とは一線を画す、高い視認性を誇ります。軍用として開発された ウォッチをたくさん集めました【2007/08/15 10:04】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。