スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Vフォー・ヴェンデッタをみた。
「それには救世主が・・・「正義の心」を
持った偉大な男が必要なんだ!!」
by花澤 三郎(ゼットン)

はい、どうも。
観てきましたよ。土曜日に
「Vフォー・ヴェンデッタ」
「V FOR VENDETTA」(原題)
予告編はコチラ
282770_2839932314.jpg

人民が政府を恐れるのではない
政府が人民を恐れるのだ

(story)
独裁国家と化した近未来の英国。労働者階級の若きヒロイン、イヴィー(ナタリー・ポートマン)は絶体絶命の危機に見舞われたところを“V”とだけ名乗る仮面の男(ヒューゴ・ウィービング)に命を救われた。
 いくつもの顔をもつVは、華と教養を兼ね備えた紳士であり、恐怖政治に抑圧された市民を暴君の手から解放することに余念がない。しかし一方では、怨念にかられた血の復讐鬼でもあった。
 不正と暴虐にまみれた政府から英国民を解放するため、Vは国の圧制を糾弾し、同胞の市民に国会議事堂前に集結するよう呼びかける。決行は11月5日――“ガイ・フォークス・デー”だ。
 1605年の同じ日、ガイ・フォークスは火薬を詰めた36個の樽とともに、議事堂の地下道に潜伏しているところを発見された。フォークスをはじめとするレジスタンス一派は、ジェイムズ一世を君主とする圧政に反発し、政府の転覆を狙って“火薬の陰謀”をくわだてた。だが、一斉に摘発されたフォークスらは絞首刑、火あぶりの刑、四つ裂きの刑に処され、計画は未完に終わってしまったのだ。
 その反逆精神とあの日の記憶を胸に、Vはフォークスの計画を引き継ぐことを心に誓う。1605年11月5日に処刑されたフォークスに代わって、国会議事堂を爆破しようというのだ。
 謎に包まれたVの素性が明らかになるにつれ、イヴィーは自分自身についての真実をも知るようになる。図らずもVの協力者となったイヴィーはVの悲願をはたすべく、革命の火をともし、血も涙もない腐りきった社会に自由と正義を取り戻すために立ち上がった。
(CAST)
ナタリー・ポートマン:イヴィー
ヒューゴ・ウィーヴィング:V
スティーヴン・レイ:フィンチ警視
スティーヴン・フライ:ゴードン・ディートリッヒ
ジョン・ハート:アダム・サトラー議長
ティム・ピゴット=スミス:クリーディー
ルパート・グレイヴス:ドミニク警部
ロジャー・アラム:プロセロ
ベン・マイルズ:ダスコム
ヴァレリー・ベリー:バン
シニード・キューザック:デリア・サリッジ
ナターシャ・ワイトマン:バレリー・ペイジ
ジョン・スタンディング:リリマン主教
エディ・マーサン:エサレッジ
(STAFF)
監督:ジェームズ・マクティーグ
製作:ジョエル・シルヴァー/アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー/ラント・ヒル
製作総指揮:ベンジャミン・ウェイスブレン
脚本:アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー
撮影:エイドリアン・ビドル
プロダクションデザイン:オーウェン・パターソン
衣装:サミー・シェルドン
編集:マーティン・ウォルシュ
音楽:ダリオ・マリアネッリ
マトリックスのSTAFFが集結と言う事で超期待をして観に行ったのですが
期待しすぎたせいか
少しガッカリ
です…
Ⅴ役のヒューゴ・ウィーヴィング、一度も顔を出さず仮面を被ったまま終るし…
仮面を取ったらエージェントスミスみたいなオチでもよかったのでは(よかね~って)
ただ一緒にいった方がけっこう、面白かったと
言ってくれたので救われました。(俺が観たいと言ったので)
つー感じですな。
「いや~っ、映画ってほんと難しいですね。では、また」
(↑水野晴郎ぽくお願いします)
(2006年/映画館12本目/トータル19本目)
a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:Vフォー・ヴェンデッタ - ジャンル:映画

【2006/04/23 11:24】 | 映画(映画館) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<木村カエラな日曜日「Circle」 | ホーム | GW~夏にかけて、みたい映画。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kankan711.blog20.fc2.com/tb.php/144-a123b9fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。