スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
パッチギ!をみた。
「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」byA・猪木
はーい、どうも。
毎日、更新のはずが最近さぼり気味であるね。呑んで帰る事も多くなったしなーっ。ただ、面倒くさいという日もあるしネタがない日も。
かってに始めた冒頭の名言ネタも尽きてきたしなーっ。
まーそんな感じです。
昨日、パッチギをみた。
B0006TPHRG.09.LZZZZZZZ.jpg

どんな映画?
(story)
1968年 京都、出会い。

1968年、京都。松山康介(塩谷瞬)は府立東高校の2年生。ある日担任の布川先生(光石研)から親友の紀男(小出恵介)と一緒に、敵対する朝鮮高校との親善サッカーの試合を申し込みに行くように言われる。二人は恐る恐る朝高に行くが、康介は音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目で心を奪われてしまう。しかしすぐに彼女は朝高の番長アンソン(高岡蒼佑)の妹だという事が分かる。
康介は楽器店で坂崎(オダギリジョー)と知り合い、キョンジャが吹いていたのは「イムジン河」という曲だという事を教えてもらう。康介は国籍の違いに戸惑いながらもキョンジャと仲良くしたくて、「イムジン河」をギターで弾こうと決心する。
康介は朝鮮語を覚えるために辞書を買い、坂崎からはギターと歌を教えてもらう。そして坂崎から聞いたコンサートにキョンジャを誘う事にする。勇気を出して電話をすると、その日は自分のコンサートがあるからと断られるが、逆にそのコンサートに誘われた康介は「絶対行きます!」と答えていた。
その日円山公園では、帰国船で祖国に戻る事を決意したアンソンを祝う宴会が行われていた。そこにギターを抱えた康介が現れみんなから訝しげに見られるが、キョンジャの母(キムラ緑子)がキョンジャと一緒に何か演奏するように声をかけてくれた。二人は康介のギターと歌、キョンジャのフルートで「イムジン河」を合奏する。康介はみんなの輪の中に入れてもらい、キョンジャともすっかり仲良くなる事が出来た。
ある夜、康介が川沿いに自転車で走っていると、対岸でキョジャがフルートを吹いていた。康介はいきなり川に入って渡り始める。そしてズブ濡れになりながらキョンジャに「付き合ってくれへんか」と告白する。しかしキョンジャの「もしも結婚する事になったら、朝鮮人になれる?」という質問に、康介は何も答えられなかった。
争い、そして・・・。
アンソンたちは東高校空手部との争いが絶えない。サッカーの親善試合の日も乱闘になってしまい、試合は中止になる。試合後仲間と合流したアンソンは、空手部の大西と近藤たちに待ち伏せされてボコボコにされてしまう。
その頃アンソンの彼女桃子(楊原京子)は産婦人科を訪れ、妊娠している事が分かる。しかし帰国するつもりのアンソンにその事を言い出せず、思わず別れを切り出してしまう。
学校を中退して看護婦になったアンソンの友達ガンジャ(真木よう子)は、ある日お腹の大きくなった桃子を見かけて話しかける。その夜ガンジャはいきなりアンソンに平手打ちを食らわせて「今すぐ桃子に電話しぃ!」と言い残して立ち去る。アンソンは初めて桃子の妊娠を知る。
果たして康介とキョンジャの運命は? そしてアンソンと桃子の未来は?

(cast)
塩谷瞬 Shioya Shun:松山康介 (府立東高2年生)

高岡蒼佑 Takaoka Sosuke:リ・アンソン (朝鮮高校3年生)

沢尻エリカ Sawajiri Erika:リ・キョンジャ (朝鮮高校2年生/アンソンの妹)

楊原京子 Yanagihara Kyoko:桃子 (アンソンの彼女)

尾上寛之 Onoue Hiroyuki:チェドキ (朝鮮高校2年生/アンソンの弟分)

真木よう子 Maki Yoko:チョン・ガンジャ (朝鮮高校3年生)

小出恵介 Koide Keisuke:吉田紀男 (府立東高2年生/康介の同級生)

浜岡一喜 Namioka Kazuki:モトキ・バンホー (朝鮮高校3年生/アンソンの親友)

オダギリ ジョー Odagiri Joe:坂崎 (康介に「イムジン河」を教える坂崎酒店の若主人)

光石研 Mitsuishi Ken:布川先生 (康介と紀男の担任)

(staff)
監督・共同脚本:井筒和幸 Izutsu Kazuyuki

脚本:羽原大介 Habara Daisuke

原案:松山猛 Matsuyama Takeshi 「少年Mのイムジン河」(木楽舎刊)

音楽:加藤和彦 Kato Kazuhiko

撮影:山本英夫 Yamamoto Hideo

こんな映画ですわ。
本当は映画館で観たかったけど家でDVDでみた。
いやーっ、感動したよ。クライマックスで康介がラジオの番組でイムジン河を歌うシーンがあるんだ、なんか知らんけど涙が出てきた。ホント泣いてしまいよった訳よ。当時の事、考えると・・・って時代じゃないですか。
でもね、なんかいいラストでした。
井筒監督作品ってさ、バイオレンスなんかもあるけどホロリと泣けるシーンもある訳。さすが井筒監督、「しょーもないわ~っ」て映画批評してるだけのおっさんチャイます。

「こちトラ自腹じゃ!」てな感じです。
それでは、また会いましょう!さよなら、さよなら!
スポンサーサイト
【2005/09/20 20:48】 | 映画(映画館) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<サスペクト0をみてみる。 | ホーム | SHINOBIもみてきた。>>
コメント
コメントどうもです。
コメントと情報ありがとうございます。
でも井筒監督でなさそうな感じがするのですが、どうなんでしょう?
岸和田の時も続編から違ってしな。
【2005/10/24 12:57】 URL | かんかん #-[ 編集] | page top↑
パッチギ、続編製作が決まったそうですね。
キャストとかはそのままなのでしょうか?
【2005/10/24 12:02】 URL | まいめろ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kankan711.blog20.fc2.com/tb.php/31-2b4602b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。