スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
CUSTOM MADE 10.30をみてきた。パート2
「なんじゃ~っ!!このメロディーはっ?」by小林マナモ
プレミアライブ&試写報告も見てね。
どうも。またまた観てきました。
CUSTOM MADE 10.30 
cm10.3030.jpg
(STORY)
両親の離婚により広島とロンドンで、離れ離れに暮らしている姉妹・小林マナモ(18)<木村カエラ>とみなも(15)<西門えりか>。
マナモは、母親<カイヤ>が再婚し山口は行くことになったので、映画館が1Fにあるアパートで一人暮らしを始めた。
intro_pic02.jpg

その半年後、父親<安斎肇>が再婚することになり、同居がきまずくなったみなもはロンドンからマナモのアパートへ転がり込む。10年ぶりに一緒に暮らすことなった姉妹だが、昔からの仲の悪さは改まるハズもなく、事あるごとに大ゲンカ。
マナモは美術教師<加勢大周>への淡い恋が破れ、バイト先で始めたバンドに熱中したいのだが、それも宙ぶらりんでモヤモヤした日々が続いている。それに最近頭の中に同じメロディが流れるのだが、なんのメロディだったのか思い出せない。子供の頃の記憶。あたたかさ。カラフルな匂い。大事なことだけど、どこかに置き忘れてきてしまったこと。あたりまえだから気づかない太陽の光みたいな・・・。マナモは作曲活動も兼ね、自宅の留守番電話にその不確かなメロディを吹き込むことにした。
005s.jpg

学校はサボリがちだが、キャバクラ・新月でのバイトは楽だし、好きだ。店長<寺島進>や店員タモツ<松山ケンイチ>はやさしいし、バイト仲間の朝子<前田綾花>・姫<松井涼子>と組んだ『5次元カスタムズ』も店のコスプレイベントでデビューライブすることになり、盛り上がってきた。特殊なギャグを連発する常連客ホリコシ<柳沢慎吾>のあしらいも堂に入ったもの。
006s.jpg
010s.jpg
そんなバイトの帰り、マナモはバイクで黒いダッジのサウンドシステムカーと衝突事故をおこす。その車には自称“天使”の2人組・ジェフとエディ<加瀬亮と小倉一郎>が乗っていた。2人は10月30日に行われる奥田民生に「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」コンサートにマナモを行かせたがっている。彼らは万年見習い天使で、マナモにある気づきを与えることができればカミサマ<ミッキーカーチス>から出されてる昇級試験に合格できるのだ。そんなこととは少しも知らず、無邪気にヘソの横に出来たニキビやバイトのことを話すマナモ。天使のマジックなのか、10月の広島に雪が降ってきた。
cm10.30-4.jpg
ある日マナモがまたバイトに出勤すると、「レミー20本!」という威勢のよい聞き馴染んだ声がする。
ヒマを持て余した妹のみなもが。姉がいると知らずキャバクラ嬢に応募していたのだ。さらに2人の仲は険悪に。しかし15歳というみなもの年齢に驚いた店長がみなもを即日解雇。夜ブラブラしていたみなもは、アパート下の映画館で天使モノ2本立て映画特集を観ていた天使2人組・ジェフとエディに出会う。
ハンバーガーSHOPで「姉妹2人で来て欲しい」と10.30コンサートのチケットを渡す天使2人組。
なにか魂胆があるらしい。帰ってきたマナモを誘うが、あっさり断られる。
そして10.30当日。新月のイベントで5次元カスタムズ演奏中、突然みなもがギターで乱入し、父ちゃんのメロディを弾きだす。みなもは留守電に吹き込まれた姉マナモのメロディに気づくとともに、姉の悩んでいることにすら気づいていない状況を救うため、助っ人として駆けつけたのだった。家族はバラバラで1人ぼっちだったマナモがはじめてみなもとつながった!
マナモは昔父親が歌っていた父ちゃんのメロディを思い出し、唄いだすがライブは混乱する。客に罵声を浴び、床に崩れ落ちるマナモ。そして自分の内なる衝動がほとばしる。
「歌いたいんじゃ、歌いたいんじゃ、歌いたいんじゃー!」
story_pict2.jpg
いろんな気持ちが混じって、そとに飛び出すマナモ、追っかけるみなも。そこへ天使2人組が登場。姉妹をサウンドカーで広島市民球場は連れてゆく。まるで不思議の国のアリスが穴へ落ちていくように球場は吸い込まれてゆくマナモ。
019s.jpg

奥田民生のライブが続く中、さまざま思いが2人の中をかけめぐる。マナモは気づく。
「あーうち父ちゃんに会いたかったんじゃー」
と思う。でも、そんだけ。
そしてライブは続く。奥田民生は自分のために歌ってくれているわけではないけれど、そのメロディがみんなをつなぎ、10.30今、この瞬間に時間も時代も国も全部超えて生きている実感をマナモは感じた。
026s.jpg

(CAST)
木村カエラ:小林マナモ
西門えりか:小林みなも
松井涼子:姫(5次元カスタムズ・ドラム)
前田綾香:朝子(5次元カスタムズ・ベース)
加瀬亮:見習い天使ジェフ
小倉一郎:見習い天使エディ
柳沢慎吾:ホリコシ
ミッキーカーチス:カミサマ
寺島進:新月店長
松山シンイチ:新月ボーイ・タモツ
宮崎美子:竹田商店主人
安斎肇:父・卓爾
カイヤ:母・リサ
加勢大周:美術教師
伴杏里:同級生・亜里沙
鈴木正幸:警官
千葉雅子;VIP YOKO
ザ・たっち:テーブルAの客
ケイトゴウルキナ:金髪秘書
池上幸平:若い男
池田真琴:ゴットバーガー店員
志賀研介:新月店員1
白仁裕介:新月店員2
園田慎吾;ヤジる客
貞包みゆき:こども相談室お姉さん
達川光男:こども相談室先生
奥田民生:OT

(STAFF)
監督・脚本・編集:ANIKI
撮影:松島孝助
証明:吉角荘介
美術:いのうえけんじ
録音:坂門剛
サウンドトラック作曲:桜井順
5次元カスタムズ プロデュース:土生TICO剛&内田直之

今日は、チネチッタで舞台挨拶があったから2回目になるけど観に行ってきた。
監督・民生・カエラ登場。
今日も、カエラちゃん可愛いです。けどグダグダ感が丸出し・・・
初日って事で乾杯でシャンパン飲んだらしいです。

試写の時はつまらんと思っとりました。がっ今日観たら
「あれっ、面白いかも・・・」
たぶん、試写の時は疲れてたし眠かったからかななんて思う訳です。
んな訳でまた。
スポンサーサイト

テーマ:CUSTOM MADE 10.30 - ジャンル:映画

【2005/10/29 17:19】 | カエラ | トラックバック(3) | コメント(3) | page top↑
<<ティム・バートンのコープスブライドをみた。 | ホーム | 「私の頭の中の消しゴム」をみた。>>
コメント
キャバの格好が良かった
【2007/02/06 11:20】 URL | #-[ 編集] | page top↑
カスタム
可愛かった
【2007/02/06 11:19】 URL | きょうた #-[ 編集] | page top↑
僕も見ました!!感想はいろいろだと思いますが、僕はおもしろかったです!!
ライブシーンは鳥肌ものでした。
【2005/11/01 16:55】 URL | わっ!きぃ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kankan711.blog20.fc2.com/tb.php/69-c4981de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カスタムメイド10.30(CUSTOM MADE 10.30)
人気blogランキングに参加してます!ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。ご協力お願い致します。明日は、今日の生まれ変わり~♪明日は今日よりなりあがれ~♪歌いたいんじゃ、歌いたいじゃ、歌いたいんじゃ~!! ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2005/11/07 20:50】
なんじゃこのメロディーは!? - カスタムメイド10.30
毎月1日は映画の日!というコトで、今日はレイトショーにて「カスタムメイド10.30」を観に行ってきました。※ ↑のタイトルは劇中のセリフです。映画上映時間(2時間01分)の半分がドラマ、半分が奥田民生のライブドキュメンタリーという構成。まだご覧になっていない方のため sakusakuな日々【2005/11/02 00:56】
カスタムメイド 10.30
メロディがつなぐ家族と音楽の物語~~~ストーリー~~~両親の離婚により広島とロンドンで、離れ離れに暮らしている姉妹・小林マナモ(木村カエラ)とみなも(西門えりか)。父親(安斎肇)の再婚で、みなもはロンドンからマナモのアパートに転がりこむ。10年ぶりに一緒 らっきぃ!うっきぃ!わっきぃ!【2005/11/01 22:47】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。