スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
THE DA VINCI CODEがみたい。 
「人を傷つけるものに
   必ずしも悪意があるとは限らない!!!」

              byアイスバーグ(ONE PIECEより)
ダ・ヴィンチコード
THE DA VINCI CODE(原題)
20051215162107.jpg

(story) 
 ロバート・ラングドン博士(トム・ハンクス)はアメリカ人の象徴学者。ハーバード大学のシンボリズムの権威で、今は学会出席のためフランスはパリに滞在している。そんなラングドンに、ある深夜、緊急電話が入った。ルーブル美術館の館長ジャック・ソニエールが殺されたのだという。ラングドンはルーブル美術館に急行し、ソニエールの遺体まで案内される。すると、ソニエールの亡骸の裸体には異教徒のシンボルがいくつも描かれている。
 そこに亡きソニエール美術館長の孫娘ソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)が到着した。ソフィーはラングドン博士にこう警告する。フランス警察の刑事司法警察局がラングドンを犯人にでっち上げて捜査している、と。その長官はブズュ・ファッシュ(ジャン・レノ)であり、ラングドンを逮捕しようとしている。そこで、ラングドンとソフィーは一緒にルーブル美術館から逃走した。
 そして、ソフィーは暗号解読の専門家であると分かり、自ら象徴学の専門家であるラングドンは、ソフィーの殺された祖父ソニエールは体にシンボルや形を色々描いて何かを伝えようとしていたのだと気づく。そして名画「モナ・リザ」の作者レオナルド・ダ・ヴィンチのアナグラム( 替え字謎[なぞ]・文字や語句の綴り換え)の神秘的な語句を幾つも、ソニエールが息絶える前に床に書いていたのを二人は発見する・・・。
(CAST)
トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)
オドレイ・トトゥ(ソフィー・ヌヴー)
イアン・マッケラン(リー・ティービング)
アルフレッド・モリナ(アリンガローザ司教)
ジャン・レノ(ベズ・ファーシュ)
ポール・ベタニー(シラス)
(STAFF)
監督:ロン・ハワード Ron Howard
製作:ブライアン・グレイザー/ジョン・コーリー
製作総指揮:トッド・ハロウェル/ダン・ブラウン
原作:ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』(角川書店)
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
撮影:サルヴァトーレ・トチノ
音楽:ハンス・ジマー
2006・5・20 全世界同時公開

いよいよ予告編が公開になっています。
俺、原作を読んでみたいのですが・・・外国作品、登場人物が多数。
たぶん、名前が覚えられません。
しかし、あの長い小説を2時間程にまとめるのは可能なのでしょうか?
やっぱり、それを知る為には原作を読む必要があるのかな・・・
正月休みもたっぷりあるから読んでみようかななんて思う訳です。
スポンサーサイト

テーマ:THE DA VINCI CODE - ジャンル:映画

【2005/12/15 17:18】 | 映画(独り言) | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
<< 「ザスーラ」をみた。 (BlogPet) | ホーム | 「ザスーラ」をみた。 (BlogPet)>>
コメント
原作
こんにちわ。
原作を一気に読み、映画化されるのを楽しみにしていました。
でもたぶん原作ほどの映画がつくれるとは思えませんが…。
期待しないで観た方がおもしろいような気がします。
【2005/12/23 17:52】 URL | orangemilky #tLotD3lc[ 編集] | page top↑
では、読んでみます。
【2005/12/22 10:38】 URL | かんかん #-[ 編集] | page top↑
Re:THE DA VINCI CODEがみたい。 
どうも。どうも。
原作はそんなに難しくないですよ。さくっと読めます。
・・というか同じ主人公の『天使と悪魔』の方が好きです。
個人的には。
【2005/12/21 00:09】 URL | まさ #jYbOzkUY[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kankan711.blog20.fc2.com/tb.php/99-538b041f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「ダ・ヴィンチ・コード」のトレイラー
世界的大ベストセラーである同名小説の映画化、「ダ・ヴィンチ・コード」(北米では来年5月19日、日本では来年5月20日公開)のトレイラーが公開されました。Appleでご覧いただけます。(情報元:allcinema online)「ダ・ヴィンチ・コード」ってこんなにサスペンス色が強い Mugen Diary【2005/12/16 20:14】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。