スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MISSION: IMPOSSIBLE IIIをみた。
「素人め!間合いが遠いわ!」byガデム
7月1日 2本目
MISSION: IMPOSSIBLE Ⅲ
mi3-1.jpg
タイムリミット48時間――
この夏、世界各国で
最も不可能なミッションが始まる!

(story)
イーサン・ハントの新たなミッションは、スパイを引退し教官になった彼が、自らの教え子の危機に立ち上がることから始まる。しかし、それがイーサンの本当の仕事を知らないフィアンセの命を危険にさらし、そしてイーサン自身が、謎めいた暗号名「ラビットフット」の正体を知るかつてない強敵に阻まれ、絶体絶命のピンチに陥っていくことに結びついていく・・・。果たして彼はタイムリミットが迫る中、IMFの仲間と共に世界を駆け巡り、不可能なミッションを遂行できるのだろうか?
(CAST)
トム・クルーズ
ヴィング・レームズ
ケリー・ラッセル
ローレンス・フィッシュバーン
フィリップ・シーモア・ホフマン
サイモン・ペッグ
ビリー・クラダップ
ミシェル・モナハン
マギー・Q
ジョナサン・リス=マイヤーズ
(STAFF)
監督:J・J・エイブラムス
製作:トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー
製作総指揮:ストラットン・レオポルド
原作:ブルース・ゲラー
脚本:J・J・エイブラムス/アレックス・カーツマン/ロベルト・オーチー
撮影:ダニエル・ミンデル
音楽:マイケル・ジアッキノ
テーマ音楽:ラロ・シフリン

3作目は駄作が多いって言うけどミッションの中で1番面白かった。
それに今までで一番スパイ映画ぽいしね。
3作共通だと思うけど
ミッションが終って仲間と帰って行くシーンがあるんです。
今回はボートで帰って行く訳なんですが
俺ってカッコいいっしょ~みたいな満面の笑みを浮かべてます。
そんなトムが素敵です。
ま~いろいろ突っ込み所もあるけど
こーいう映画は映画館で観た方がいいと思うので
皆さん行ってみて下さい。
Mission Impossible III Mission Impossible III
Michael Giacchino (2006/05/15)
Colosseum

この商品の詳細を見る

(2006年/映画館21本目/トータル30本目)
a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします。

テーマ:M:i:III(ミッション・ インポッシブルIII) - ジャンル:映画

【2006/07/03 10:18】 | 映画(映画館) | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
トリック 劇場版2をみた。
「黙ってろハゲ!!」by石田小鳥(QP7巻参照)
はい~どうも。
7月1日は映画の日。
しかも土曜日って~ことで3本観て来ました。
まず、1本目。
トリック 劇場版2
trick2.jpg
推理活劇 感動必至 大入希望
(story)
筐神島は、関東沖合に浮かぶ小さな島である。山の頂上にはなぜか巨大な岩が乗っている。この島を支配する霊能力者・筐神佐和子が一人でたった一晩のうちに持ち上げたものだという……。
ある日、上田の研究室に「どんと来い、超常現象」を手にした青年・青沼が訪ねてくる。10年前、筐神佐和子に連れ去られた幼馴染みの美沙子という女性を取り戻して来て欲しいというのである。一人では怖い上田は、例によって奈緒子を巻き込み、佐和子とその信奉者が待ち受ける筐神島へ。
「浮遊する巨大な岩」「瞬間移動」そして「消失する村」……二人の目の前で次々と繰り広げられる驚愕の奇蹟の数々。筐神佐和子の霊能力か、それともトリックなのか。
一方、里見は“文字の力”を武器に選挙に挑み、矢部は部下を引き連れてある事件を追っていて……。それぞれの思惑が複雑に交錯する中、事件は誰もが予想だにしない驚愕の展開へ。
最強の霊能力者を相手に、かつてない窮地に陥った奈緒子と上田の運命は…!?
(CAST)
仲間由紀恵:山田奈緒子
阿部寛:上田次郎
生瀬勝久:矢部謙三
野際陽子:山田里見
片平なぎさ:筐神佐和子
堀北真希:西田美沙子
平岡祐太:青沼和彦
綿引勝彦:赤松丑寅
上田耕一:佐伯周平
北村有起哉:伊佐野銀造
大島蓉子:池田ハル
アベディン・モハメッド:ジャーミーくん
池田鉄洋:秋葉原人
瀬戸陽一朗:照喜名保
(STAFF)
監督:堤幸彦
製作:早河洋/島谷能成
プロデューサー:桑田潔/蒔田光治/佐藤毅/山内章弘
エグゼクティブプロデューサー:亀山慶二
脚本:蒔田光治
撮影:斑目重友
美術:稲垣尚夫
編集:伊藤伸行
音楽:辻陽
ラインプロデューサー:渡邊範雄
映像:中村寿昌
照明:川里一幸
録音:中村徳幸
助監督:神徳幸治
監督補:木村ひさし
前日のW杯ドイツvsアルゼンチン戦が長引いたお陰で若干記憶がない事もあった訳ですが。
う~ん、確かに面白かったけど・・・
何も映画にしなくてもいいのではレベルでしたね。
2時間スペシャルとかでまとめられた感じもするし…
矢部もあまり出てこんし。
ま~1000円だから観たって感じです。

TRICK(トリック) 劇場版2 TRICK(トリック) 劇場版2
堤 幸彦、蒔田 光治 他 (2006/06)
角川書店
この商品の詳細を見る
日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象 日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象
テレビライフ編集室 (2002/10)
学習研究社

この商品の詳細を見る


(2006年/映画館20本目/トータル29本目)
a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします。

テーマ:トリック劇場版2 - ジャンル:映画

【2006/07/03 10:05】 | 映画(映画館) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
GOAL!をみた。
「楽しくなりそーだな」by迫田 武文(WORST)

始まりましたね~W杯ドイツ大会。
眠れない夜が1ヶ月つづきますね。
つ~事で観てきました。

GOAL!
Goal! The Dream Begins(原題)
予告編
GOAL!.jpg
少年の夢は、みんなの夢になる。
FIFA公認、新人サッカー選手の奮闘や恋を描いた青春映画3部作の第1弾。
(story)
LAのヒスパニック地区で庭師として働き、プロサッカー選手になることを目標に、地元サッカーチームの花形選手としてプレイしているサンティアゴ。そんなある日、ニューカッスル・ユナイテッドの元選手だったグレン・フォイが、サンティアゴのプレイを目にし、彼の天性の素質に瞠目する。彼はサンティアゴがニューカッスルまで来ることがあれば必ず入団テストを受けさせる事と約束。
そして彼は、プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドに入団を果たす。そして、今まで以上の熾烈な競争と困難に立ち向かっていくサンティアゴだが…。
(CAST)
クノ・ベッカー:サンティアゴ・ムネス
スティーヴン・ディレイン:グレン・フォイ
アンナ・フリエル:ロズ・ハーミソン
アレッサンドロ・ニヴォラ:ガバン・ハリス
マーセル・ユーレス:エリク・ドーンヘルム
ショーン・パートウィー:バリー・ランキン
トニー・プラナ:ハーマン・ムネス
ミリアム・コロン:メルセデス
デヴィッド・ベッカム(Real Madrid Club de Fútbol)
ラウール・ゴンサレス(Real Madrid Club de Fútbol)
ジネディーヌ・ジダン(Real Madrid Club de Fútbol)
アラン・シアラー(Newcastle United Football Club)
スティーヴン・ジェラード (Liverpool Football Club)
(STAFF)
監督:ダニー・キャノン
製作:マット・バーレル/マーク・ハッファム/マイク・ジェフリーズ
製作総指揮:ローレンス・ベンダー/ピーター・ハージテイ
原案:マイク・ジェフリーズ
脚本:マイク・ジェフリーズ/エイドリアン・ブッチャート/ディック・クレメント/イアン・ラ・フレネ
撮影:マイケル・バレット
音楽:グレーム・レヴェル/ジョエル・キャドバリー
いや~いいね。
今まで観たスポーツ映画の中で1番いい。
それにサクセスストーリーだし。
やっぱFIFAとプレミアリーグの全面協力だから
迫力ある試合映像になってます。
続きが楽しみな訳です。
2はレアル マドリード編でチャピオンズリーグを戦い
3はワールドカップ編で代表としてW杯を戦う内容みたいです。
3は熱戦真最中のW杯ドイツ大会で撮影中。
今、まさに旬な映画だと思います。
では、また。
GOAL! ゴール!〈STEP1〉イングランド・プレミアリーグの誓い GOAL! ゴール!〈STEP1〉イングランド・プレミアリーグの誓い
ロバート リグビー (2006/04)
イーストプレス

この商品の詳細を見る
GOAL! GOAL!
サントラ、ハッピー・マンデーズ 他 (2006/05/03)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る
(2006年/映画館19本目/トータル28本目)
a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします。

テーマ:GOAL! - ジャンル:映画

【2006/06/11 18:15】 | 映画(映画館) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ダ・ヴィンチ・コード」をみた。
「ふっ… 冗談はよせ」byギレン・ザビ

観てきました木曜日に(6月1日は映画の日)
話題作を
ダ・ヴィンチ・コード
THE DA VINCI CODE(原題)
20060530161402.jpg
ダ・ヴィンチは、
その微笑みに、何を仕組んだのか。

(story)
ダ・ヴィンチが名画に隠した暗号とは?
歴史の真実を託された2人は、謎の扉を開けることができるのか──

 始まりは、実に奇妙な殺人事件だった。パリのルーヴル美術館で発見された、館長のジャック・ソニエールの他殺体は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を模した形で横たわっていた。しかもそれは、瀕死の傷を負った身で、自ら作り上げたものだった。さらに死体の周りには不可解な暗号が残されていたのだ。
講演会のためパリを訪れていた、ハーヴァード大学の教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)が、深夜にもかかわらず現場に呼ばれる。フランス司法警察のベズ・ファーシュ警部(ジャン・レノ)は、表向きはラングドンの専門知識を駆使して捜査に協力してほしいと求めてきたが、実は彼は第一容疑者なのだ。ラングドンはその夜、ソニエールと面会の約束をしていた上に、暗号の中に彼の名前が記されていたのだ。
 ファーシュ警部が巧みな誘導尋問で、ラングドンから証拠となる発言を引き出そうとしていた時、暗号解読官のソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)が現れる。ソニエールの孫娘であるソフィーは、現場の写真を見て、ひと目で祖父が自分だけにわかる暗号を残したことに気付いた。さらにラングドンが無実であることにも。ソフィーはファーシュ警部を巧みに欺き、ラングドンを連れてルーヴルから逃走する。ソニエールが暗号で隠し場所を示した、ある秘密結社の紋章が刻まれた鍵を持って……。
 警察の厳しい追跡をかわしながら、暗号の謎を解き始める2人。しかし、それは新たな謎の始まりに過ぎなかった。ソニエールが深く関わっていたらしい、秘密結社の目的とは?ダ・ヴィンチが絵画に残した、歴史を揺るがす暗号とは? そして、ソニエールから2人に託された、重大な真実とは? 今、警察とは別の追っ手が、2人に迫ろうとしていた……。
(CAST)
トム・ハンクス:ロバート・ラングドン
オドレイ・トトゥ:ソフィー・ヌヴー
イアン・マッケラン:リー・ティービング
アルフレッド・モリナ:アリンガローサ司教
ジャン・レノ:ベズ・ファーシュ
ポール・ベタニー:シラス
ユルゲン・プロフノウ:ヴェルネ
エチエンヌ・シコ:コレ警部補
ジャン=ピエール・マリエール:ジャック・ソニエール
(STAFF)
監督:ロン・ハワード
製作:ブライアン・グレイザー/ジョン・コーリー
製作総指揮:トッド・ハロウェル/ダン・ブラウン
原作:ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
撮影:サルヴァトーレ・トチノ
プロダクションデザイン:アラン・キャメロン
衣装デザイン:ダニエル・オーランディ
編集:ダニエル・P・ハンリー/マイク・ヒル
音楽:ハンス・ジマー

感想…
眠くなる。
mixiの映画オフ会で観に行ったので
映画前に少々呑んだ事もあると思うのですが。
話が難しすぎるんですよ…たぶん。
あれは小説を読んでないと分らんですよ。
逆に小説読んでるとオチが分ってしまっているから…
てな感じでしたね。
俺的には面白くなかったかも。
ダ・ヴィンチ・コード (上) ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン (2004/05/31)
角川書店

この商品の詳細を見る
ダ・ヴィンチ・コード (下) ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダン・ブラウン (2004/05/31)
角川書店

この商品の詳細を見る
(2006年/映画館18本目/トータル27本目)
a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします!

テーマ:ダ・ヴィンチ・コード - ジャンル:映画

【2006/06/05 09:29】 | 映画(映画館) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
嫌われ松子の一生をみた。
「ごめんよ。まだ…
僕には帰れるところがあるんだ…
こんなに嬉しい事はない。」
byアムロ・レイ

昨日、観てきました。レイトショーで
最近、レイトでデート的な感じで夜によく映画をみます。
レイトショーだと¥1200だしお得ですよね。
つー事で昨日はこれを…
嫌われ松子の一生
予告編
20060530151502.jpg
松子。人生を100%生きた女。
(story)
昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)は、父・恒造(柄本明)の望みどおり中学校教師となり、歌の上手な教師として生徒の人気を集める。憧れの同僚・佐伯俊二(谷原章介)からもデートに誘われ、人生は順風満帆。しかし、修学旅行で問題児・龍洋一が起こした窃盗事件が松子の人生を変えた。教頭(竹山隆範/カンニング)に怒鳴られ辞職に追いやられた松子は、動転したままバッグに荷物を詰め、重病の妹・久美(市川実日子)が止めるのも聞かず、家を飛び出す。
「これで人生が終わったと思いました」

失意のドン底におちいった松子は、それでも新たな夢を見つける。それは同棲中の作家志望の男・八女川徹也(宮藤官九郎)の存在。殴られても蹴とばされても、八女川の夢に寄り添う松子。音信不通の弟・紀夫(香川照之)にお金を借りてまで八女川に尽くすが、自分の才能に思い悩んだ八女川はある雨の夜、線路に身を投げ自殺してしまう。
「これで人生が終わったと思いました」

絶望の淵に追いやられた松子は、ところがまたも夢を見つける。それは八女川のライバルだった岡野健夫(劇団ひとり)の存在。岡野の愛人となった松子はバラ色の日々を過ごすが、やがて岡野の妻にばれ、捨てられてしまう。

ヤケになった松子は、自ら中洲のソープ「白夜」の門を叩き、ソープ嬢に転身する。打ち込むものを見つけた松子は、毎日スクワットを欠かさず、ひたすら精進の日々。みるみる店のトップに躍り出る。ノリノリの日々を送る松子。ところが、若手ソープ嬢の台頭という押し寄せる時代の波には逆らえず、松子は「白夜」を追われることに。

疲れ果てた松子は、出会ったばかりの謎の男・小野寺(武田真治)が持ちかけた話にのり、雄琴でソープ嬢を続ける。ここでも大金を稼ぎ出した松子だが、小野寺に騙されていたことを知って、逆上。小野寺を殺害してしまう。
「これで人生が終わったと思いました」

上京し自殺を試みた松子は、通りがかりのさえない理容師・島津賢治(荒川良々)に命を救われる。その日から島津と暮らし始めた松子は、床屋を手伝いながら、ささやかな幸せを味わう。島津にプロポーズされる松子。ところが、その直後に警察の手が届き、小野寺を殺害した罪で松子は刑務所へ。

すべてを失った松子は、「食べて・働いて・眠る」だけの日々をストイックにやり過ごす。そんな松子に同じく服役中の女・めぐみ(黒沢あすか)が尋ねる。「あんた、待ってる男とか、いないの?」。松子は「そんな人いません」と、毎日欠かすことのないスクワットを淡々とこなしながら表情を変えずに答える。夢も希望も失いかけたある日、松子は思い出す。愛する人のために生きることを。その日から松子は変わった。島津のもとへ帰るため、松子は塀の中で美容師免許を取得する。

8年後、出所した松子は、まっすぐに島津のもとへ向かう。ところが、そこには新たな妻と子供がいた。遠い場所から島津に別れをつぶやいた松子は、銀座の美容室で働き始める。そんなある日、店に懐かしい人がやってくる。たまたま松子が担当した女性客。それは、刑務所で一緒に服役していた女・沢村めぐみだった。夫とふたりでアダルトビデオ会社をおこし、自らビデオにも出演するめぐみにとって、松子は何でも話せる気のおけない存在。ふたりはすっかり意気投合する。

さらに、美容室で働く松子に大きな出会いが訪れる。女性客に連れ添い、店にやってきたヤクザの男。その人こそ、あの修学旅行の窃盗事件を起こした張本人・龍洋一(伊勢谷友介)だった。「先生のことがずっと好きだった」という龍。松子は、その日から龍と暮らし始める。龍だけを見つめ続ける松子。しかし、そんな日々も長くは続かなかった。もめ事を起こした龍は逮捕され服役。松子は、ひたすら龍の帰りを待ち続ける。いよいよ出所の日。塀の外で龍を待つ松子を…… 龍は殴り倒して逃走!愛されることに慣れていない龍の行動は、松子にとっては何が何だか分からない……。

「もう誰も愛さない」深く傷ついた松子は、古いアパートでひきこもり生活に入る。掃除もせず、服装にもヘアスタイルにも気を遣わない松子は、別人のようにみるみる太っていく。しかし、そんな状況の中にいながらも、やがて松子は新たな夢を見つける。果たして、松子が最後に見た夢とは――。

それから数年たった平成13年。
松子は、アパート近所の荒川河川敷で遺体で発見される。
いまだ知らされていなかった伯母・松子の存在に驚く川尻笙(瑛太)。
残されたぼろアパートに行ってみれば、部屋は散らかり放題。隣人は、怪しげななんちゃってロッカー・大倉修二(ゴリ/ガレッジセール)。壁には光GENJIのポスターが1枚……

「いったい、松子おばさんて、どういう人だったんだ!?」
夢にも見放され、ガールフレンド・明日香(柴咲コウ)にも見限られた笙は、松子の人生をたどりはじめる……。

(CAST)
中谷美紀:川尻松子(幼少時代 奥ノ矢佳奈)
瑛太:川尻笙(松子の甥)
伊勢谷友介:龍洋一(松子の元教え子)
香川照之:川尻紀夫
市川実日子:川尻久美(松子の妹)
黒沢あすか:沢村めぐみ(松子の親友)
柄本明:川尻恒造
木村カエラ:人気歌手
柴咲コウ:明日香
谷原章介:佐伯俊二
宮藤官九郎:八女川徹也
BONNIE PINK:綾乃(ソープ嬢)
武田真治:小野寺
荒川良々:島津賢治
ゴリ:大倉修二
マギー:刑事
竹山隆範:教頭
劇団ひとり:岡野健夫
谷中敦:マネージャー赤木
AI:女囚A:唄
土屋アンナ:女囚C:プライド
山田花子:女囚D:思い出
片平なぎさ:片平なぎさ
本田博太郎:本田博太郎

(STAFF)
監督:中島哲也
プロデューサー:石田雄治/佐谷秀美
エグゼクティブプロデューサー:間瀬泰宏/小玉圭太
原作:山田宗樹「嫌われ松子の一生」
脚本:中島哲也
撮影:阿藤正一
美術:桑島十和子
編集:小池義幸
振付:香瑠鼓
CGディレクター:増尾隆幸
VFXプロデューサー:土屋真治
スクリプター:長坂由起子
スタイリスト:申谷弘美
ビジュアルエフェクト:柳川瀬雅英
ヘアメイク:佐藤光栄
照明:木村太朗
整音:太斉唯夫
製作統括:宮下昌幸/近藤邦勝/細野義朗/島谷能成/見城徹
録音:志満順一
助監督:吉見拓真
音楽:ガブリエル・ロベルト/渋谷毅
音楽プロデューサー:金橋豊彦
テーマソング:BONNIE PINK「LOVE IS BUBBLE」

疲れました
「パトラッシャ、もう僕疲れたよ」
てネロの気分が分るくらいに疲れました~よっ、この映画。
男には少々キツイ映画かも…
思い出すだけで下がるのでこの辺で。

あ~追記で
冒頭にちょこっと出てくるカエラちゃんが可愛いです。
これだけが俺の救いでした。
嫌われ松子の一生 (上) 嫌われ松子の一生 (上)
山田 宗樹 (2004/08)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
嫌われ松子の一生 (下) 嫌われ松子の一生 (下)
山田 宗樹 (2004/08)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
嫌われ松子の歌たち 嫌われ松子の歌たち
サントラ、木村カエラ 他 (2006/05/24)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る
LOVE IS BUBBLE LOVE IS BUBBLE
BONNIE PINK (2006/05/10)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る

(2006年/映画館17本目/トータル26本目)
a_01.gif
↑ブログ☆ランキング参戦中!!
ワンクリックお願いします!

テーマ:嫌われ松子の一生 - ジャンル:映画

【2006/06/01 09:54】 | 映画(映画館) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。