スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
バタフライ・エフェクトをみた。
「のび太くん!
歴史をむやみに変えちゃいけないんだよ!」
byドラえもん
どうも~っ。
ブログ熱の再来の予感♡
てな訳で20本ちかくたまっているDVDの山から本日は
これを。
バタフライ・エフェクト
THE BUTTERFLY EFFECT(原題)
20060331154457.jpg
きみを救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。
それは、神にも許されない行為。

(story)
 少年時代、エヴァンは何度となく肝心なところで記憶を失うという症状に襲われていた。学校で将来の夢というタイトルで絵を描いているとき、母親と過ごしている一瞬の時間など様々な状況でそうした記憶喪失は起こっていた。その治療のためにエヴァンは日記をつけることになった。
  13歳のときにひとつの事件が起きる。エヴァン、幼馴染のケイリー、その兄のトミー、レニーという仲間は度を過ぎたいたずらに興じることになる。しかし、その決定的な瞬間にエヴァンはまた記憶喪失に陥っていた。記憶が戻ったときに彼が見たのはパニックや焦燥しきった仲間の顔だった。そして、その顛末を知らぬままエヴァンは街を離れることになる。その時、エヴァンはお互いに恋心を抱いていたケイリーに必ず迎えに来ると言い残していた。
 そうしたことを思い出したのベッドを共にしていた女性が見つけ出したあの頃の日記がきっかけだった。それを読み、あの頃を思い出したエヴァンは自身がそこにトリップ出来ることも発見する。そして、あの頃の友人の人生はあの出来事を契機にメチャクチャになってきた。彼は罪を感じ、過去を変えようと日記に入り込む。
(CAST)
アシュトン・カッチャー:エヴァン
エイミー・スマート:ケイリー
ウィリアム・リー・スコット:トミー
エルデン・ヘンソン:レニー
メローラ・ウォルターズ:アンドレア
エリック・ストルツ:ジョージ
ローガン・ラーマン
ナサニエル・デヴォー
イーサン・サプリー
カラム・キース・レニー
(STAFF)
監督:エリック・ブレス/J・マッキー・グルーバー
製作:クリス・ベンダー/A・J・ディックス/アンソニー・ルーレン/J・C・スピンク
製作総指揮:ケイル・ボイター/リチャード・ブレナー/トビー・エメリッヒ/ジェイソン・ゴールドバーグ/デヴィッド・クリンツマン/アシュトン・カッチャー/ウィリアム・シヴリー
脚本:エリック・ブレス/J・マッキー・グルーバー
撮影:マシュー・F・レオネッティ
プロダクションデザイン:ダグラス・ヒギンズ
音楽:マイケル・サビー
音楽スーパーヴァイザー:ケヴィン・J・エデルマン

なんかつまらいと聞いていたので期待せずに観たら。
面白れ~じゃんか!
ま~矛盾点はいくつかあるけどね・・・
エンディングが沢山あるような映画ですな。
最近の俺は邦画好きですが久々にハマる洋画でしたよ。
これはオススメしたい訳です。
ほんと、面白いよ。
では、また。
(2006年/DVD5本目/トータル13本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。

テーマ:映画DVD - ジャンル:映画

【2006/03/31 16:35】 | 映画(DVD) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
リンダ リンダ リンダをみた。
「俺には、関係のないこないことだ・・・」byデューク・東郷(ゴルゴ13)

久方ぶりに2日続けての更新。
昨日の夜に観ました。
つーかDVDが20本以上貯まってます。
取り合えずはこれを
「リンダ リンダ リンダ」
20060331092738.jpg
高校生活 最後の文化祭――。
ただ、何かを
刻みつけたかった。

女子高生がブルーハーツ。
ボーカルは韓国からの留学生!?

(story)
◆文化祭前日
恵、響子、望の3人は途方に暮れていた。
高校生活最後の文化祭に向けて、オリジナル曲を作って練習を重ねてきたのに、ライブまであと3日という時になってギターの萠が指を骨折、ブチ切れたボーカルの凛子まで抜けてバンドが空中分解してしまったのだ。部室で一本のテープを再生すると、聴き覚えのある曲が流れて来た。
♪ドブネズミみたいに 美しくなりたい―― 「!!!」
次の瞬間、3人は「リンダリンダ~」と飛び跳ねていた。
「これなら私もギター弾ける!」などと、デカイことを言っている本来はキーボードの恵。その場の勢いでそばを通りかかった韓国からの留学生・ソンに声をかけたところ、なにを思ったかソンはボーカルを引き受けてしまう。

◆文化祭1日目
色とりどりの垂れ幕や出店が並び、賑わう校内。
ドラムの響子のクラスのクレープ屋も繁盛している。隣に立つ一也にドキドキしながら店番をこなしていた響子だったが、練習時間に遅刻し、部室が使えなくなる。4人は恵の元カレ・トモキが手配してくれたスタジオへ向かった。恵とトモキのやりとりをニヤニヤと覗くソン。どうやらソンは他人の色恋沙汰が好きらしい。
夜。誰もいない学校に忍び込んで練習するが、大きな音を出せないのでほとんど意味がない。空は徐々に明るくなってきた。

◆文化祭2日目
文化祭の熱気が人を衝き動かすのか、ソンは2年生の裕作から告白される。
夕方、望の家で手料理を囲む4人。望の中学の卒業アルバムには同級生だったらしく一也が写っている。一也の写真に見入る響子を、ソンはアドバイスなのか、はたまた、ただの興味なのか「好きだと言ったほうがいい」と煽る。
夜はまた学校へ。ソンは一人でしんとした校内を歩き回る。
こんなかたちで日本人の女の子たちと仲良くなるなんて思ってもみなかったけど、一昨日からとても楽しい。先生の許可ももらい、思い切り音を出してのバンド練習。だいぶマシになってきた。明日は本番。

◆文化祭最終日
体育館ではライブの準備が着々と進んでいた。
4人はスタジオに行くが、疲れがピークに達して練習にならない。会場では、出番間近になっても現れない4人を心配して、萠と留年している田花子が時間つなぎに歌を歌う。聖歌隊で歌っていた伸びやかな萠の歌声と、酔いどれのようにも見える田花子の歌声にステージのボルテージは上がっていく。
一方、スタジオで眠りこけていた4人が目を覚ましたのは本番開始時刻だった。
どしゃ降りの雨の中、ずぶ濡れになりながら、ギリギリ間に合ったものの、オーディエンスの熱気に4人はおののく。が、もう引き返せない! ソンのシャウトが会場いっぱいに響きわたっていく・・・・・・。

(CAST)
ペ・ドゥナ:ソン(Vocal)
前田亜季:山田響子(Drums)
香椎由宇:立花恵(Guitar)
関根史織:白河望(Bass)
三村恭代:丸山凛子
湯川潮音:今村萠
山崎優子:中島田花子
甲本雅裕:小山先生
松山ケンイチ:槙原裕作
小林且弥:大江一也
小出恵介:阿部友次
三浦哲郁:石川友康
三浦誠己:前園トモキ
りりィ:恵の母親
藤井かほり:中山先生
浜上竜也:飯島浩平
山本浩司:スタジオQの店員
山本剛史:カラオケの店員
近藤公園
ピエール瀧
(STAFF)
監督:山下敦弘
ロデューサー:根岸洋之/定井勇二
脚本:向井康介/宮下和雅子/山下敦弘
撮影:池内義浩
美術:松尾文子
編集:宮島竜治
音楽:ジェームズ・イハ 
主題歌:ザ・ブルーハーツ『終わらない歌』
照明:大坂章夫
録音:郡弘道

邦画好きの俺にはいい感じの映画。
大作にはないゆるりとした流れがいい。

きっと今の高校の文化祭はこんな感じなんでしょか?

あーっ、俺も高校生に戻りて~っ。

※ブログリハビリ期間の為、大した感想がかけません
(↑昔から大した感想ではありませんが)


(2006年/DVD4本目/トータル12本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。

テーマ:映画DVD - ジャンル:映画

【2006/03/31 09:52】 | 映画(DVD) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「ダニー・ザ・ドッグ」をみた。
「あえて言おう、カスであると!」 byギレン・ザビ
どうも!
前から観たかったので昨日レンタルで借りてみました。
「ダニー・ザ・ドッグ」
「UNLEASHED
DUNNY THE DOG」(原題)

DNNY.jpg

守りたい
(story) 
 高利貸しバート(ボブ・ホスキンス)はその苛烈な取り立てで悪党からも恐れられている。支払を遅らせれば、彼の“飼い犬”ダニー(ジェット・リー) の首輪が外されるからだ――普段は口を利くこともなく、ものを知らぬ子供のような行動をしているダニーだが、ひとたび首輪を外されバートに命じられると、 “闘う犬”に一変する。地下に作られた檻に閉じこめられ、冷めた缶詰で食事を摂り、ぬいぐるみと絵本しか娯楽を知らない彼こそ、バートが築き上げた“恐怖”の象徴であった。
 そんなダニーの運命が動いたのは、いつものように取り立てに向かった骨董品店での出来事が契機だった。携帯用の赤色灯が点ったら助けに来い、とバートに指示され、倉庫のなかで待機していたダニーは、倉庫にあるピアノに目を惹かれる。幼い頃から読み耽り、ボロボロになった絵本のなかで、ダニーがもっとも気になっていたのがピアノだったのだ。誘惑に抗しきれず、鍵盤に指を乗せた――そこへ、目にはサングラス、片手には白い杖を携えた男がやって来た。サムと名乗った男(モーガン・フリーマン)は目が見えないらしく、彼はダニーの怯えた様子にも臆することなく話しかけ、更には自分の仕事――ピアノの調律を彼に手伝わせた。ひねくれた音を発していたピアノは、サムの僅かな調整を経た途端に美しい旋律を奏で始める。我知らず、ダニーはその響きに魅せられていた。赤色灯が光っていたことにも気づかずに。
 ダニーの裏切りに近い行動に激しく憤ったバートだが、彼とてダニーがいなければいまの自分の地位がないことは百も承知している。罵りながらも、取り立ての際には彼を伴わないわけにはいかなかった。そんな彼のもとを、ひとりの男が訪ねてきた。偶然、バートの取り立ての現場に居合わせたその男は、ダニーの強烈な闘いぶりに目をつけ、あるイベントへとバートらを勧誘しに来たのである。地下の闘技場を舞台にしたデスマッチ――文字通り、選手のどちらか一方が死ぬまで続けられる、残酷な格闘技。バートは喜んで話に乗り、ダニーは見事にその期待に応えた。帰り道、バートはダニーの功績を評価して、欲しいものを買ってやろう、と珍しいことを口にした。ダニーは通りかかった骨董品屋の看板を見つめながら、ピアノが欲しい、と呟いた。バートたちが「面白い奴だ」と嘲笑したそのとき、彼らの乗った車が、横から飛び出してきたトラックにぶつけられる。続いてバートたちの車に無数の銃弾が撃ち込まれる。かつてバートの苛烈な取り立てに遭い怨みを飲んでいた男達は、その惨状を見届けて立ち去っていく。
 腕を撃たれただけで、車内でただひとり意識を残していたダニーは、怯えながらその場を離れる。そうして手傷を負った彼が足を向けた先は、あの骨董品店だった。運良くふたたびそこにいたサムの姿を見つけると、ダニーはその場に頽れ、意識を失う。
 目醒めたとき、ダニーは見知らぬ部屋で、慣れないパジャマを着せられ寝かされていた。二日間意識を失っていた彼を介抱したサムとその養女ヴィクトリア (ケリー・コンドン)は決してダニーの事情を詮索することなく、しかし優しい態度で接する。そうして、“闘う犬”ダニーは少しずつ、人間の生き方を覚えていく・・・
(CAST)
ジェット・リー:ダニー
モーガン・フリーマン:サム
ボブ・ホスキンス:バート
ケリー・コンドン:ヴィクトリア
ディラン・ブラウン
シルヴィオ・シマック
マイケル・ジェン
ヴィンセント・リーガン
フィリーダ・ロウ
(STAFF)
監督:ルイ・レテリエ
製作:リュック・ベッソン/スティーヴ・チャスマン/ジェット・リー
脚本:リュック・ベッソン/ロバート・マーク・ケイメン
撮影:ピエール・モレル
美術:ジャック・ビュフノワール
衣装デザイン:オリヴィエ・ベリオ
編集:ニコラ・トレンバシヴィック
音楽:マッシヴ・アタック
アクション演出:ユエン・ウーピン

うあーっ!
ジェット・リーは相変わらずスゲー!!
モーガン・フリーマンも相変わらず渋いっす。
アクションは毎度の事で文句の付けどころはない!
そして演技も素晴らしいのです。
見事にダニーを演じきっている訳です。

一見の価値は有りですね。
正直、映画館で観たかったな~っなんて思う訳です。
そんな感じで今日はこの辺で
では、では。



(2006年/DVD3本目/トータル4本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。

テーマ:DVD - ジャンル:映画

【2006/01/19 09:58】 | 映画(DVD) | トラックバック(15) | コメント(7) | page top↑
「交渉人 真下正義」をみた。
「オレは…オレは今なんだよ!!」by桜木花道
どうも!!
昨日は20時半に寝てしまい、起きたら3時・・・
(↑確実に老化進行中?)
2度寝すると起きれないと思い。
3時からDVDを1本鑑賞
交渉人 真下正義
20060117151103.jpg
(story)
 事件は、「台場連続殺人事件」の1時間後から始まった!?
2003年11月24日、レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」。 その事件直後、真下正義(ましたまさよし)警視は、湾岸署の前で、報道陣に取り囲まれ、警視庁初の交渉人(ネゴシエイター)として、事件解決の経過を説明していた・・・。
あれから1年・・・。
2004年12月24日、雪乃とクリスマス・イブのデートの約束をしていた警視庁交渉課準備室課長の真下は、その日の午後、突然、室井管理官から呼び出しを受ける。
警視庁史上、最悪の緊急事態が発生。東京の地下鉄の最新鋭実験車両(通称:クモ)1両が何者かに乗っ取られたのだ。網のように張り巡らされた大都市・東京の地下鉄の盲点を突く犯行。乗降客200万人の命が、爆走するたった1両の車両によって危険にさらされる。
犯人の狙いは、身代金?それとも・・・?理由なき犯罪に錯綜する捜査―。
 そして、1年前の真下の報道陣へのインタビューを見ていた犯人が、交渉の窓口として、真下を指名してきたのだった・・・。
迷走する地下鉄全車両にも、時間的限界が迫りくる。
そして、大切な雪乃との約束の時間も刻一刻と迫っていた・・・。
真下は、事件を解決して、雪乃のもとへ会いにゆくことができるのか!?
そして、真下と雪乃の2人の恋の行方は!?乗降客200万人の命が真下の肩に託された。
かくして映画史上初となる首都・東京の地下鉄網を舞台にした息を呑む、交渉人・真下と姿なき犯人の知能戦の火蓋がきって落とされる!
(CAST)
ユースケ・サンタマリア:真下正義(警視庁刑事部交渉課準備室課長 警視)
寺島進:木島丈一郎(警視庁刑事部捜査一課 警視)
小泉孝太郎:小池茂(警視庁刑事部交渉課準備室CICルーム係長 警部)
高杉亘:草壁中隊長(警視庁警備部特殊急襲部隊 警視正)
松重豊:爆発物処理班班長(警視庁警備部爆発物処理班班長 警視)
甲本雅裕:緒方薫(湾岸署刑事課盗犯係 巡査部長)
遠山俊也:森下孝治(湾岸署刑事課強行犯係 巡査部長)
柳葉敏郎:室井慎次(警視庁刑事部捜査一課管理官 警視正)
水野美紀:柏木雪乃(湾岸署刑事課強行犯係 巡査部長)
西村雅彦:前主十路(指揮者)
石井正則:矢野君一(TTR広報主任)
金田龍之介:熊沢鉄次(線引屋)
國村隼:片岡文彦(TTR総合指令室 総合指令長)
八千草薫:片岡智代
(STAFF)
監督:本広克行
製作:亀山千広
プロデューサー:臼井裕詞/堀部徹/安藤親広
アソシエイトプロデューサー:小出真佐樹
原案:君塚良一
脚本:十川誠志
撮影:佐光朗
美術:相馬直樹
編集:田口拓也
音楽:松本晃彦
VFXディレクター:山本雅之
VFXプロデューサー:浅野秀二
スクリプター:山内薫
ラインプロデューサー:羽田文彦 /石田和義
照明:加瀬弘行
制作担当:片岡俊哉
録音:芦原邦雄
助監督:波多野貴文
ラインプロデューサー補:村上公一/古郡真也

映画館でも観たけど改めて観てみた訳です。
なんか初回より面白く観れて感じがしたのですね~っ。
きっと「逃亡者 木島丈一郎」を観たからだろうなんて思う訳です。
今度はSATを主役にした作品を観てみたいな~っ。
(↑きっと無理でしょう)
まーそんな訳で今日はこの辺で。
(2006年/DVD2本目/トータル3本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。

テーマ:DVD - ジャンル:映画

【2006/01/17 16:47】 | 映画(DVD) | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
「THE ISLAND」をみた。
「エゴだよ、それは!」byアムロ・レイ
どうも!!
ダビングしたDVDが20本近くたまってきた・・・
つーことで観ました。
アイランド
THE ISLAND(原題)
ISLAND.jpg

生きのびろ、
地上でもっともピュアな魂。

(story) 
 海に浮かぶ緑豊かな島――憧れの地「アイランド」を目の前に、海へ引きずりこまれてしまういつもの悪夢。しかし、夢から覚めたリンカーン(ユアン・マクレガー)を待っていたのは、普段と変わらぬ一日だった。壁のスクリーンに映し出される健康アドバイス、管理の行き届いた食事、そして、女性用の住居棟で暮らすジョーダン(スカーレット・ヨハンソン)との心はずむ会話。大気汚染から救い出され、このコミュニティで暮らし始めて3年になる。安全で快適だけれど、退屈な日々。ここで暮らす人々の夢は、地上最後の楽園「アイランド」へ行くこと。日々行われる抽選会が彼らの最大の関心事だ。しかし、リンカーンはある日、換気口から入ってきた一匹の蛾を発見して疑問を抱く――外の空気は汚染されているのではないのか? そして施設内を探索するうちに恐るべき真実を目撃する。彼らは、保険契約を結んだクライアントに臓器を提供するためだけに“生産”されたクローンであり、「アイランド行き」とは、すなわち臓器摘出の死刑宣告だったのだ! 次の当選者に決まったのは、ジョーダン! 二人は、生きるための脱出を試みる――!
二つの無垢な魂は、お互いが運命の相手であることにまだ気づいてはいない。二人の行く先に、真実の“アイランド”はあるのだろうか?
(CAST)
ユアン・マクレガー:リンカーン・6・エコー/トム・リンカーン
スカーレット・ヨハンソン:ジョーダン・2・デルタ
ジャイモン・フンスー:ローレント
スティーヴ・ブシェミ:マッコード
ショーン・ビーン:メリック
マイケル・クラーク・ダンカン
イーサン・フィリップス
(STAFF)
監督:マイケル・ベイ
製作:マイケル・ベイ/イアン・ブライス/ローリー・マクドナルド/ウォルター・F・パークス
原案:カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
脚本:カスピアン・トレッドウェル=オーウェン/アレックス・カーツマン/ロベルト・オーチー
撮影:マウロ・フィオーレ
美術:ナイジェル・フェルプス
衣装:デボラ・リン・スコット
編集:ポール・ルベル/クリスチャン・ワグナー/ロジャー・バートン
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー

 今後、ありえない話でもないかもなんて感じた訳です。
臓器牧場〝アイランド〟てな感じです。

 ラストシーンで逃げ出した主人公以外のクローン達は今後、どうやって生きていくのだろう。ふと疑問を感じました。
 アクション等は、いい出来だと思ったのですが・・・
ま~家でDVDで観るなら良かろう的な作品です。
(2006年/DVD1本目/トータル2本目)

a_01.gif
↑ワンクリックお願いします。

テーマ:DVD - ジャンル:映画

【2006/01/16 16:19】 | 映画(DVD) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。